男性ファンも…木下優樹菜が切り開く「新ママタレ像」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

男性ファンも…木下優樹菜が切り開く「新ママタレ像」

このエントリーをはてなブックマークに追加
今市新之助dot.
木下優樹菜 (c)朝日新聞社

木下優樹菜 (c)朝日新聞社

 木下優樹菜(30)がインスタグラムに投稿した動画が話題となった。3月7日に投稿されたその動画には、夫のFUJIWARA・藤本敏史(47)が腹痛を我慢しながらなんとか運転する姿が映し出さていたのだ。夫婦でじゃれあう仲むつまじい動画だったが、一部のフォロワーからは「フジモンがかわいそう」など批判の声もあがった。

【写真】井川遥、篠原涼子、長谷川京子…華麗なる芸能界ママ友相関図

「あの動画は、まるでオールドスクールな夫婦漫才のスタイルですよね。フジモンにとっても、また番組などでネタにできますし、木下もそれを計算ずくなんでやってるんでしょう。17歳も年上のフジモンをいじりつつ、しょっちゅうインスタにアップしている姿はありのままの彼女という感じで、SNSで公開することを前提に作られた“インスタ芸”になっていないところもいい。テレビ番組では堂々と『理想の彼氏』の話をしたり、旦那が『ブサイク』と言っています。一般主婦の旦那や他の男性に対する感覚と近いんですよね。ふつうはあそこまではできないと思いますが、彼女のこうした女子トーク的な発言に対する好感度は高い」(女性誌の記者)

 結婚前はモデルとして活動し、男性誌のグラビアなどで人気が出ていた一方、ヤンキーを売りにしたおバカタレントとして、バラエティー番組で高いポテンシャルで人気となった木下優樹菜。結婚・出産後は、その美貌や抜群のスタイルで女性人気を獲得し、2人の子育をこなしつつ仕事をこなしタレントしても順調だ。出産すると、なかなかテレビのレギュラー出演は難しくなるが、『モニタリング』(TBS系)や『PON!』(日本テレビ系)などに継続して出演。また、トーク番組のゲストとしての出番も少なくない。

「ギャルママとしての印象が強かった彼女もアラサーに入って、そのスタイルを変化させてきましたね。ファンクラブも年会費5000円と、決して若いマイルドヤンキーに向けたものではない。会員限定で購入できるグッズも正直、誰に向けて売ってるのかわからないようなセンスの品が多いんですが(笑)。一方で、インスタグラムのフォロワーが440万人以上もいるのはやはり強い。インフルエンサーとして、さまざまな商品とのコラボレーションなども展開していますね。テレビのレギュラーやCM出演、雑誌の連載で引っ張りだこ。子育て本も出せば5万部を突破してますし、ファッション市場でのビジネスアイコンとしても重宝されているそうです」(放送作家)

 女性から熱い支持を受ける一方、気の強い性格からか、これまで男性人気はないと思われていた。しかし、ここに来て潮目が変わっているようだ。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい