21世紀のブラック・ジャック AIは医師にとって「敵」か「味方」か

ヘルス

2018/04/03 07:00

 少子高齢化が進む日本で、今後、医療の現場はどう変わっていくのか。また、テクノロジーとのかかわりは――。AERAムック『AERA Premium 医者・医学部がわかる2018』では、医療の現場でテクノロジーを積極的に活用している東京慈恵会医科大学先端医療情報技術研究講座准教授の高尾洋之医師に、医学部を志望する学生に向けて「これから求められる医師像」を示してもらった。

あわせて読みたい

  • 保険適用の“脳梗塞治療アプリ” 専門医が遠隔で診断できる「Join」

    保険適用の“脳梗塞治療アプリ” 専門医が遠隔で診断できる「Join」

    週刊朝日

    4/3

    窪田正孝さんが放射線技師を演じるドラマ「ラジエーションハウスII」 監修医師案のありえない設定とは?

    窪田正孝さんが放射線技師を演じるドラマ「ラジエーションハウスII」 監修医師案のありえない設定とは?

    dot.

    10/4

  • AIが患者の命を救う… 医療職もAIに仕事を奪われるのか?

    AIが患者の命を救う… 医療職もAIに仕事を奪われるのか?

    dot.

    9/9

    海外大医学部への進学者増加 「実践的な授業多い」国内医学部と違う魅力とは?

    海外大医学部への進学者増加 「実践的な授業多い」国内医学部と違う魅力とは?

    AERA

    3/2

  • 医学部にも黒船襲来 「2023年問題」に向け“脱ガラパゴス”

    医学部にも黒船襲来 「2023年問題」に向け“脱ガラパゴス”

    AERA

    9/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す