浪人の藤木直人を早大理工に逆転合格させた、たった一つのアドバイス (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浪人の藤木直人を早大理工に逆転合格させた、たった一つのアドバイス

このエントリーをはてなブックマークに追加
神素子dot.#教育#朝日新聞出版の本

51号館の地下にある理工学図書館は、学術雑誌や洋書を中心とした理工学系専門資料の宝庫。藤木さんは「初めて入りました」と言う(写真・植田真紗美、ヘアメイク・大渡八千代)

51号館の地下にある理工学図書館は、学術雑誌や洋書を中心とした理工学系専門資料の宝庫。藤木さんは「初めて入りました」と言う(写真・植田真紗美、ヘアメイク・大渡八千代)

ふじき・なおひと 1972 年生まれ、千葉県出身。97 年早稲田大学理工学部情報学科卒。在学中の95 年に映画「花より男子」花沢類役に抜擢されてデビュー。その後、NHK 連続テレビ小説「あすか」、「ナースのお仕事」シリーズなどで注目を集め人気俳優へ。放映中の「FINAL CUT」(フジテレビ系)では初のニュースキャスター役に挑戦。NHK 大河ドラマ「西郷どん」にも出演。ディズニー/ピクサー最新映画「リメンバー・ミー」(3 月16 日、全国ロードショー)の日本語吹き替え版に声優として出演(写真・植田真紗美、ヘアメイク・大渡八千代)

ふじき・なおひと 1972 年生まれ、千葉県出身。97 年早稲田大学理工学部情報学科卒。在学中の95 年に映画「花より男子」花沢類役に抜擢されてデビュー。その後、NHK 連続テレビ小説「あすか」、「ナースのお仕事」シリーズなどで注目を集め人気俳優へ。放映中の「FINAL CUT」(フジテレビ系)では初のニュースキャスター役に挑戦。NHK 大河ドラマ「西郷どん」にも出演。ディズニー/ピクサー最新映画「リメンバー・ミー」(3 月16 日、全国ロードショー)の日本語吹き替え版に声優として出演(写真・植田真紗美、ヘアメイク・大渡八千代)

title

早稲田理工 by AERA 2018 (AERAムック)(朝日新聞出版)

978-4022791764

amazonamazon.co.jp

 ドラマ、映画、舞台、トーク番組、音楽シーンで活躍を続ける藤木直人さん。その第一歩を踏み出したのは、早稲田大学理工学部在学中だった。現在発売中の「早稲田理工 by AERA 2018」(朝日新聞出版)では、藤木さんが当時通っていたキャンパスを訪ね、人生の分岐点になった学生時代を振り返っている。抜粋してお届けする。

【写真】インタビューに答える藤木直人さん

* * *
 51号館から中庭を抜けながら、藤木直人さんは少し不思議そうな目をした。

「このあたりは入学したときのままですね。19歳の藤木少年がここを歩いていたかと思うと、なんだか感慨深いなぁ」

 学食にサークルの仲間が集まる席があったこと、ちょっと奮発したいときには理工名物のおすしかトンカツを食べていたこと、記憶をたぐるように話してくれた。でも図書館では、「ここって、僕がいたころからありました? ホント? 知らなかった」と困ったように笑った。

 藤木直人さんは理工学部情報学科の卒業生だ。まだ創設2年目の新しい学科を選んだ理由を聞くと、「単純に、これからはコンピューターの時代だと思ったんです。でもどんな勉強をするかは知りませんでしたね(笑)」

 とはいえ、藤木さんは小学生のときからコンピューターになじんでいたそうだ。まだウィンドウズが発売される前に、父親が「どうせやるならテレビゲームじゃなくてパソコンをやれ」と買ってくれたという縁があった。

「数学も好きでした。必ず『正解』がありますから。公式を使って解くこともできるけれど、公式を知らなくても必ず答えにたどり着ける。それがフェアで気持ちがいいと思っていました」



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   教育 , 朝日新聞出版の本 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加