ニトリ、IKEAへの対抗策乏しく、久美子社長の黒字回復宣言が空しく響く大塚家具

企業

2018/02/21 07:00

 父娘による経営権争奪という「お家騒動」以来、業績不振が続く大塚家具の失速が止まらない。大塚久美子社長は2月8日の決算説明会で、2018年12月期に黒字化を達成する強気の計画を示したが、客足離れに歯止めがかからない。2020年の東京五輪の重要をにらんだ法人部門強化という成長戦略を示した。だが、その後も株価はじりじりと下がるなど、市場関係者の不信感が払拭(ふっしょく)されたわけではない。

あわせて読みたい

  • ヨドバシカメラに袖にされた大塚久美子社長が画策する延命策とは?

    ヨドバシカメラに袖にされた大塚久美子社長が画策する延命策とは?

    週刊朝日

    8/14

    大塚家具 久美子社長と父親との親子ゲンカ以降、90億円もの預金が消えた

    大塚家具 久美子社長と父親との親子ゲンカ以降、90億円もの預金が消えた

    dot.

    11/21

  • 大塚家具が「在庫一掃セール」を11月25日まで延長 閉店準備?

    大塚家具が「在庫一掃セール」を11月25日まで延長 閉店準備?

    週刊朝日

    10/27

    大塚家具・親子法廷バトル 父「なぜ私を追い出すようなまねをしたのか」

    大塚家具・親子法廷バトル 父「なぜ私を追い出すようなまねをしたのか」

    週刊朝日

    7/22

  • 大塚家具騒動 決着も業界からは悲鳴? 「早く通常営業に」

    大塚家具騒動 決着も業界からは悲鳴? 「早く通常営業に」

    AERA

    3/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す