逆転の発想がトークを上達させる? これから始めたい「ダメ出し帳」の習慣 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

逆転の発想がトークを上達させる? これから始めたい「ダメ出し帳」の習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加
秀島史香(ひでしま・ふみか)/ラジオDJ、ナレーター。1975年、神奈川県茅ケ崎市出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。大学在学中にラジオDJデビュー。J-WAVE『GROOVE LINE』、NHKラジオ『洋楽で学ぶ英文法』のほか、NHK総合『着信御礼!ケータイ大喜利』などのテレビ番組にも出演。映画、テレビ、CM、アニメなどのナレーション、美術館音声ガイド、機内放送など活動は多岐にわたる。J-WAVE SPECIAL『VERMEER, 37 STORIES~光の王国~』で第49回ギャラクシー賞『ラジオ部門選奨』受賞。現在Fm yokohama『SHONAN by the Sea』、JFN系列局『Pleaseテルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』に出演中。『NHKドキュメンタリー 安室奈美恵 「告白」』で、インタビュアーを務めた。

秀島史香(ひでしま・ふみか)/ラジオDJ、ナレーター。1975年、神奈川県茅ケ崎市出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。大学在学中にラジオDJデビュー。J-WAVE『GROOVE LINE』、NHKラジオ『洋楽で学ぶ英文法』のほか、NHK総合『着信御礼!ケータイ大喜利』などのテレビ番組にも出演。映画、テレビ、CM、アニメなどのナレーション、美術館音声ガイド、機内放送など活動は多岐にわたる。J-WAVE SPECIAL『VERMEER, 37 STORIES~光の王国~』で第49回ギャラクシー賞『ラジオ部門選奨』受賞。現在Fm yokohama『SHONAN by the Sea』、JFN系列局『Pleaseテルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』に出演中。『NHKドキュメンタリー 安室奈美恵 「告白」』で、インタビュアーを務めた。

「あの場面で、こうすれば良かった」「さらにこんな質問をすると、もっとゲストの話を引き出せたかもしれない」。そんなことを、ずっと書き溜めているノート。今日のトークは盛り上がらなかったなと思うときに、再び開いて読むこともある。

「あの場面で、こうすれば良かった」「さらにこんな質問をすると、もっとゲストの話を引き出せたかもしれない」。そんなことを、ずっと書き溜めているノート。今日のトークは盛り上がらなかったなと思うときに、再び開いて読むこともある。

 小心者ですが、おっかなびっくりでも、できる限り後者を選びたいと思います。たとえば相手が大物でも突っ込んでみたり、相手の意表を突くようなことを言ってみたり。たしかに勇気がいりますが、そうすることで会話の道が開けて、気難しそうだった人が笑ってくれたり、思いもよらない本音を言ってくれることもあります。その日の会話を象徴するようなコメントが返ってきたときには、思い切って言って良かったと思います。勇気を出したときにこそ、うれしい「会話のおまけ」が降ってくるのです。

 ところが、準備不足で余裕がなかったり焦ったりすると、どうしても確実なルートを選んでしまうものです。「はい」「そうですね」と無難な相槌に終始したり、すでによく知られているような話しかできなかったり。確実なルートを選んでも間違いではないのですが、出会いの記憶に残るような「会話のおまけ」はもらえません。

 そんな日は、帰り道で会話を反芻しながら、「なぜ思い切って別の話題を振れなかったの!?」「意気地なし!」と、情けない思いが蘇ってきて、「ハアー」と大きなため息をつきそうになります。

 とはいえ、悶々とした気持ちを引きずってもいいことはありません。いつまでもモヤモヤしているぐらいなら、全部ノートに吐き出してしまおう。そして、次へ向けての糧にしよう。そんな気持ちでこの秘密のノートをつけるようになりました。

 何冊になるか自分でも数え切れませんが、仕事歴と同じだけの歴史があるので、もうかなりの冊数になります。私がこれまでに重ねてきた、トークについてのありとあらゆる失敗の見本帳と言えるかもしれません。

 でも、泣きながら書いた文字を今になって読み返してみると、笑い話のようなネタもあります。失敗したら、「モトを取ってやろう!」と、紙に書くなり、パソコンにメモしておくなり、自分から放出して、俯瞰して、エネルギーに変えること。これを意識するだけで、ミスして落ち込む度合いも軽くなりました。心の掃除にもなるのです。

「言えなかった」という過去の悔しい気持ちが、現場で「もうひと押し!」と勇気を与えてくれます。ただ、自分の心の叫びが書かれた機密事項満載のノートです。他人の目にふれないよう、くれぐれも管理には細心の注意を払ってくださいね。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい