フィギュア・宮原知子のケガを強さに変えた 日本スケート界を支える医師たちの選択 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フィギュア・宮原知子のケガを強さに変えた 日本スケート界を支える医師たちの選択

このエントリーをはてなブックマークに追加
疲労骨折による長期休養からグランプリファイナルの舞台に戻ってきた宮原知子選手。「スポーツ整形は『痛いけどやりたい』というアスリートの気持ちをわかってあげられるかどうか」だと土屋明弘医師は言う。(C)朝日新聞社

疲労骨折による長期休養からグランプリファイナルの舞台に戻ってきた宮原知子選手。「スポーツ整形は『痛いけどやりたい』というアスリートの気持ちをわかってあげられるかどうか」だと土屋明弘医師は言う。(C)朝日新聞社

 日本スケート連盟と、土屋医師が勤める船橋整形外科病院が16年秋に選手321人に行ったアンケートによれば、7割の選手が、過去に休むくらいの外傷を負ったことがあると答えた。

「多いのは疲労骨折と足関節捻挫。膝回りの使い過ぎが原因のジャンパー膝(膝蓋腱炎)や、肩の脱臼もしばしば見られる外傷です。フィギュアの場合、コーチの指導を受けるのはリンクの上。そのためウォーミングアップやクールダウンのできていない選手が多かったんですね。そうした基礎を改善するため、16年から全国巡回でのベースアップ講習会も始めました」

 土屋医師がスポーツドクターを志したのは学生時代。ラグビーでケガをしたことがきっかけだった。そのころはケガをしたら選手生命は終わりとされていたが、ひとり、「適度な運動はしたほうがいい」と言ってくれた整形外科医がいた。

「彼が後に私の恩師となりました」

 膝関節、足関節、股関節の専門家として、今では年間300件の関節鏡視下手術を行う。自身が勉強したこの手術法により低侵襲な治療が可能になった。

「スポーツ整形がほかと違うのは、『痛いけどやりたい』というアスリートの気持ちをわかってあげられるかどうか。ジャンプはだめだけど、スケーティングはいいよなどという指示を出せるかどうかです。昨年、疲労骨折をした宮原知子選手も、それでかえってスケーティング技術が磨かれたともいわれています。ともに可能性を見いだすことが大事なのではないでしょうか」

土屋明弘/整形外科医。長野県出身。1981年千葉大学医学部卒業後、同大整形外科入局。91年ハーバード大学に留学。2002年船橋整形外科病院スポーツ医学センターに移り、その後、同病院副院長に。09年日本スケート連盟強化部員。ソチ五輪でのフィギュアスケート村外合宿の日本チーム帯同ドクターを務める

(文/志賀佳織)

※『AERA Premium 医者・医学部がわかる2018』から抜粋


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい