冬と夏が特にアブない脳梗塞 脳卒中の約6割を占めるその症状と治療法とは?

健康

2017/12/29 07:00

「冬に多い」というイメージの強い脳卒中だが、国立循環器病研究センターによれば、こと脳梗塞に限っていえば脱水による体内の水分不足が影響する夏に多く、次に危険なシーズンは、やはり冬だ。脳の血管が詰まって脳細胞が壊死し、その領域の脳が担う機能が失われる脳梗塞。薬物療法や手術がおこなわれ、迅速な治療がその後を左右します。週刊朝日ムック「脳卒中と心臓病のいい病院」から、その予防や治療などを解説します。

あわせて読みたい

  • 心房細動患者の3人に1人が脳梗塞に 医師が解説する「見逃し」の防ぎ方

    心房細動患者の3人に1人が脳梗塞に 医師が解説する「見逃し」の防ぎ方

    週刊朝日

    7/30

    「たかが不整脈」と甘くみてはいけないこれだけの理由 なぜ脳梗塞のリスクに?

    「たかが不整脈」と甘くみてはいけないこれだけの理由 なぜ脳梗塞のリスクに?

    週刊朝日

    7/18

  • 脳梗塞発症者の2人に1人は再発のおそれ リスク管理や予防が必須

    脳梗塞発症者の2人に1人は再発のおそれ リスク管理や予防が必須

    dot.

    7/8

    突然片目が見えなくなったら「頸動脈狭窄症」を疑え

    突然片目が見えなくなったら「頸動脈狭窄症」を疑え

    週刊朝日

    2/7

  • 気づいたら一刻も早く救急車を 脳梗塞の典型的な三つの症状とは

    気づいたら一刻も早く救急車を 脳梗塞の典型的な三つの症状とは

    dot.

    7/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す