お父さんの「おなら」 どうすればやめてもらえますか? 石原壮一郎が真面目に答える 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お父さんの「おなら」 どうすればやめてもらえますか? 石原壮一郎が真面目に答える

石原壮一郎(いしはら・そういちろう)/1963年、三重県松阪市生まれ。コラムニスト。月刊誌の編集者を経て、93年に『大人養成講座』でデビュー。『大人力検定』『日本人の人生相談』など著書多数。最新刊は『大人の言葉の選び方』(撮影/大嶋千尋)

石原壮一郎(いしはら・そういちろう)/1963年、三重県松阪市生まれ。コラムニスト。月刊誌の編集者を経て、93年に『大人養成講座』でデビュー。『大人力検定』『日本人の人生相談』など著書多数。最新刊は『大人の言葉の選び方』(撮影/大嶋千尋)

 小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』で連載中の「大人の謎 ぶっちゃけ質問箱」。今回は「おなら」について。回答者はコラムニストの石原壮一郎さんです。

【Q】お父さんはすぐおならをします。「やめてよ!」と言ってもやめません。どうすればやめてもらえますか?(ayaさん 大阪府/10歳)

■おならに漂う「家族への感謝」を感じ取ろう

 目の前で豪快におならをされるのは、たしかに嫌ですよね。気持ちの問題だけでなく、実際に「臭い」という被害もあります。

 ただ、お父さんはもちろん、会社などで豪快におならをしているわけではありません(たぶん)。家の中にいるときだけ、家族の前でだけ、お父さんはのびのびと力いっぱいおならができます。それは、さぞ気持ちがいいでしょう。

 いろんな面で支え合い、助け合うのが家族です。あなたも、お父さんやお母さんにたくさん支えられ、助けられています。きっとお父さんは、自由におならをすることで、一日の疲れを癒やしたり明日への活力を得たりしているに違いありません。

 しかも、お父さんのおならには、「家族への感謝」が込められているはず。お父さんがおならをするたびに、家族の絆が強まるという見方もできます。ある程度は、大目に見てあげてください。まあ、あまりにもひどいときは怒っていいと思いますけど。

※月刊ジュニアエラ 2017年12月号より


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい