“超高校級”大田泰示もついに…屈辱を乗り越えた「遅咲き選手」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

“超高校級”大田泰示もついに…屈辱を乗り越えた「遅咲き選手」

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.

日本ハム・大田泰示(c)朝日新聞社

日本ハム・大田泰示(c)朝日新聞社

 新人王を受賞した京田陽太(中日)、源田壮亮(西武)以外にも浜口遥大(DeNA)、山岡泰輔(オリックス)、大山悠輔(阪神)などルーキーの活躍が目立った今年のプロ野球。中継ぎ投手でも高梨雄平(楽天)、黒木優太(オリックス)、有吉優樹(ロッテ)などがチームを支え、高校卒でも藤平尚真(楽天)、山本由伸(オリックス)が早くも初勝利をマークしている。

 その一方で長い二軍暮らしを経て、チームの主力となる選手も存在している。今回は今年キラリと光ったそんな遅咲きの選手について紹介したい。

 今年最もブレイクした遅咲きの選手と言えば、今年プロ入り10年目の桑原謙太朗(阪神)になるだろう。奈良産業大(現・奈良学園大)時代はリーグ戦で完全試合を達成するなど活躍。当時から鋭く横に変化するスライダーのキレは定評があり、07年の大学生・社会人ドラフトで横浜に入団した。

 即戦力の期待も大きく、ルーキーイヤーには1完封を含む3勝をマークしたものの、その後は低迷。トレードで移籍したオリックス、阪神でも成績を残すことができず、昨年は一軍登板数ゼロに終わっている。年齢を考えると戦力外になってもおかしくない状況だったが、今年はオープン戦で結果を残して開幕一軍入りを果たすと、5月からは完全にセットアッパーに定着して19試合連続無失点をマーク。終盤は疲れから打ち込まれる場面はあったものの、チームトップの67試合に登板して4勝39ホールド、防御率1.51という見事な成績でチームの2位躍進に大きく貢献した。

 以前は140キロ台中盤が多かったストレートが、現在では150キロを超えることも珍しくなくなり、そのことで決め球のスライダーが生きるようになったことがブレイクの要因と言えるだろう。また、そのストレートも手元で小さく変化し、芯でとらえづらいというのも特長だ。

 ただ、基本的なスタイルは変わっておらず、緻密なタイプではないためストレートが走らなくなると、今季終盤のように苦しくなってくる。続けて活躍するにはストレートの勢いを保つか、もうひとつ頼れる球種をマスターすることが必要になってくるだろう。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい