ロサンゼルス空港のたばこのにおいに安心する理由 <下川裕治のどこへと訊かれて> (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ロサンゼルス空港のたばこのにおいに安心する理由 <下川裕治のどこへと訊かれて>

連載「どこへと訊かれて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

ロサンゼルス空港。アジアの大空港に比べると設備も貧弱。シャワー室もない

ロサンゼルス空港。アジアの大空港に比べると設備も貧弱。シャワー室もない

 しかし僕は大学に入ってからアジアに足を向ける。友人がアメリカに向かっていくことへの反発もあったが、どこか恐れ多いという感覚も混ざっていた気がする。

 1988年、30代も半ばになって、はじめてアメリカに向かった。緊張していた。飛行機を降り、入国審査場までの道を進んでいくと、図体の大きい職員に呼び止められた。びくっとした。しかし尋ねられたのは、飛行機が到着した時刻だった。それを伝えると、

「時間がかかりすぎている」

 といった。

 そんなことのために呼び止めるな、と思ったが、職員の英語がわかったことでほっとした。ターミナルを出るとたばこのにおいが漂ってきた。肩の力が抜けていく。日本で見聞きしていたのは、アメリカを席巻する禁煙の嵐だったのだ。

 今年の6月、ロサンゼルスの空港にいた。大統領のトランプがツイッターで発信した「入国審査を厳しくする」という発言を、同行したカメラマンは気にしていた。しかし僕はなにも聞かれなかった。

 ターミナルを出ると、いつも通りのたばこのにおいがした。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

下川裕治

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(隔週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(隔週)、「タビノート」(毎月)など

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい