年末年始のあるある実家トラブル 「勝ち馬」に乗る夫に妻は? (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年末年始のあるある実家トラブル 「勝ち馬」に乗る夫に妻は?

連載「男と女の処世術」

このエントリーをはてなブックマークに追加
西澤寿樹dot.#夫婦#男と女#結婚#離婚

夫の実家、妻の実家と良い関係を保てていますか? (※写真はイメージ)

夫の実家、妻の実家と良い関係を保てていますか? (※写真はイメージ)

 年末年始に夫婦どちらかの実家に帰省するという家庭は多いはず。必ず両方の家に顔を出す、遠くて両方は無理なら1年交代にする、訪問回数のバランスをとるなど、みなさんいろいろ腐心しているようです。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦やカップルの間に起きがちな問題をやさしく紐解く本連載。今回は結婚にまつわる大きなテーマ「双方の実家との関係」について解説します。

*  *  *
 妻が夫の実家とうまくいかない、と愚痴るケースは嫁・姑問題の王道ですよね。多くのケースで夫は、妻の実家に行っても比較的気楽です。なぜなら、妻の実家はそもそもそんなに密な関係性がないことが多く、親御さんも多くの場合、婿さんを「お客さん」扱いする傾向があるからです。

 かたや妻にとっては、夫の実家との関係は結構大変です。昔と違ってお嫁さんも大事にされますが、そもそも男性は自分の両親との関係が希薄なことが多く、女性である嫁のほうが密にかかわってくれるので両親もどうしても妻との関係が濃くなっていきます。たとえば、夫の親との日頃の連絡も妻が受けることが多いのではないでしょうか。子どもがいればさらにその仲介役は妻になりがちですよね。

 先日もこんな相談を受けました。

<例1 春美さん(仮名・女性)の場合>

 春海さんは、夫の母親が、地元の魚を不定期に大量に送ってくることに辟易としています。フルタイムで共働きをしながら子育てをしているので、日々あわただしく、不在票が入っていても連絡を忘れたりして受け取るのに数日かかることもよくあります。子どもも夫も魚をそんなに食べませんし、日々忙しいので手間のかかる生魚を送り付けられても料理する時間もないので、しばらくは冷蔵庫に入れておきますが、結局捨てることになってしまいます。その上、まだ受け取れてもいないうちに、義母から「もう届いたかしら」と電話がかかってきます。もちろん、電話では丁重にお礼を言いますが、本音はありがた迷惑です。それどころか「送ってあげたのに何でお礼の電話もよこさないのよ」と非難されているようにしか思えません。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加