珍名踏切マニアがいく! 駿豆線にある「無名」という名の踏切 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

珍名踏切マニアがいく! 駿豆線にある「無名」という名の踏切

連載「珍名踏切が好き!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
今尾恵介dot.#鉄道
伊豆箱根鉄道駿豆線の伊豆長岡駅。温泉への玄関口だが、無名踏切へは反対側へ回る

伊豆箱根鉄道駿豆線の伊豆長岡駅。温泉への玄関口だが、無名踏切へは反対側へ回る

なだらかな稜線を見せる伊豆半島の脊梁山地を背景にした無名踏切

なだらかな稜線を見せる伊豆半島の脊梁山地を背景にした無名踏切

願成就院。北条時政による建立

願成就院。北条時政による建立

今回紹介した踏切周辺の地図

今回紹介した踏切周辺の地図

 踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。今回は「無名」踏切を紹介します。

*  *  *
 三島駅から伊豆半島の中央部を南下して修善寺へ向かう伊豆箱根鉄道駿豆線。この線に無名踏切がある。無名といえばふつう「名前がない」ということだから、「無名踏切という名の踏切」は矛盾なのかもしれない。もちろんこの路線に数ある他の踏切にはそれぞれ名前が付いているのに、ここだけは「無名」なのだ。

【フォトギャラリーで見る】今尾恵介が紹介する珍名踏切 <無名踏切編>

 場所は旧町名である韮山町の方が通りやすいかもしれないが、平成17(2005)年に近隣の伊豆長岡町、大仁(おおひと)町との3町合併で伊豆の国市になった。南隣の修善寺町や天城湯ヶ島町に「伊豆市」の名を先取りされてしまったので、涙を呑んで「の国」を付けたらしい。助詞「の」が入った市名といえば紀の川市など、例がないことはないが珍しい。

 電車は昼間でも1時間に4本も来るので便利だ。踏切の最寄りである伊豆長岡駅までは三島駅から22分。駅前には当然ながら伊豆長岡温泉へのバスが待っているが、温泉旅行に来たわけではないので反対側へ回る。一帯は南条という地名で、伊豆長岡駅も大正8(1919)年までは南条駅と称し、北隣の韮山駅も同時期までは北条駅だった。

 かの無名踏切は韮山駅との中間地点より少し南側にあるので、駅の東側の線路と並行した道を北上する。すぐに韮山古川を渡るが、この流れを数キロ遡れば有名な韮山反射炉だ。幕末の日本近海にしばしば現われる黒船を目の当たりにした頃、その「洋夷(ようい/西洋)」の恐るべき近代的兵力に対抗すべく、国産の大砲を製造できるよう必死かつ慌てて作った施設である。

 ビニールハウスが目立つが、何を作っているのだろうか。その他は田んぼが広がっている。収穫が始まったばかりの一面の稲穂が午前中の明るい日差しに黄金色に輝き、まさに豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに)を実感する。

 西側に孤立する守山(標高102メートル)を正面に見るあたりで左折すれば、お目当ての無名踏切だ。踏切に近寄ってみると、本当に「無名踏切」とある。三島駅からの距離を示す「起点10K658m」が記され、「伊豆の国市寺家300-2」と住所まで明記してある。伊豆箱根鉄道の社風なのだろうか。旧国鉄はこんなに丁寧ではない。寺家は「じけ」と読む。

 それにしても、人通りが少ない。軽自動車が1台通りかかっただけである。しかし、単線ながら電車は頻繁に来るので、電車を配した踏切の撮影は楽だ。稲穂とビニールハウス、それに緑の山を背景にプロならいい絵ができそうである。しばらく無名の空気に浸ってから、ひとつ北側の踏切の方へ行ってみた。こちらはちゃんと名前があって「北条踏切」。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい