救急患者「たらい回し」の裏側 断らざるを得ない当直医の窮状とは (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

救急患者「たらい回し」の裏側 断らざるを得ない当直医の窮状とは

連載「メディカルインサイト」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上昌広dot.#朝日新聞出版の本#病院
「救急患者のたらい回し」が起きてしまう背景には、現場の窮状があるという (※写真はイメージ)

「救急患者のたらい回し」が起きてしまう背景には、現場の窮状があるという (※写真はイメージ)

 大宮赤十字病院では、心肺停止から急性心筋梗塞、脳卒中までの患者を引き受けていました。こうした患者は早期の対応が求められます。

 たとえば、心筋梗塞の患者が来たら、すぐに検査や治療を指示し、同時に緊急カテーテル検査を行うか判断しなければなりません。判断に困るときは、先輩医師に電話して、指示を仰ぎました。心臓カテーテル検査を実施すると決めれば、他の先輩医師にも電話して、緊急来院をお願いしました。彼らが来てから検査に入ることもありました。

 このような重症患者に対応している間は、別の患者を診ることは不可能です。脳卒中や心筋梗塞など、迅速な対応が必要な患者の場合は、救急隊から連絡を受けても、「申し訳ない」と思いながら、お断りしたことが何度もあります。

 これが、当直医の立場から見た「救急患者のたらい回し」の実態なのです。

■「緊急受け入れ病院」制度の限界

 埼玉県は、救急車の「たらい回し」を防止するため、14年4月には全ての救急車にタブレット端末を設置し、15年2月には「緊急受け入れ病院」を4ヵ所から12ヵ所に増やすことを決定しました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい