ブレイクの“恩人”はうさぎ?髭男爵のひぐち君がとりつかれたうさぎの魅力 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブレイクの“恩人”はうさぎ?髭男爵のひぐち君がとりつかれたうさぎの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加
新津勇樹dot.
実はうさぎ愛好家としても名高いひぐち君 (撮影/新津勇樹)

実はうさぎ愛好家としても名高いひぐち君 (撮影/新津勇樹)

ひぐち君のうさぎ・ネザーランドドワーフのブルーオターのオスで名前は「もずく」(ひぐち君のインスタグラムより)

ひぐち君のうさぎ・ネザーランドドワーフのブルーオターのオスで名前は「もずく」(ひぐち君のインスタグラムより)

 そんなひぐち君だが、なんとうさぎを飼い始めてから、あの「ルネッサ~ンス」ネタがブレイクしたというのだ。

「うさぎは、跳ぶとか跳ねるとか縁起のいい動物ですが、本当に僕にとっても運気を引き寄せてくれたかなと感じちゃいましたよ」

 それを機に、当時うさぎ年だったこともあり、ひぐち君はうさぎ関連の仕事もいただけるのかと、ますますうさぎに夢中になる。

「年に2回開催するうさぎ愛好家のためのイベントがあるんですが、それには必ず参加しますね。うさぎ関連の業者さんが、えさや飼育道具などの展示会をするんですよ。そこには、ジャイアントフレミッシュのような巨大うさぎとか、珍しいうさぎを連れて来ている人もいっぱいいて。もう、うさぎ好きにはたまらないイベントなんですよ。うさぎフェスタ、あっ、ちがう、うさフェスです」

 夏フェスやロックフェスという言葉は聞いたことがあるが、うさフェスとは初耳だ。しかし、ひぐち君は笑いなしでさらりと言ってくるため、何も言い返せない。

「あと、広島にある、うさぎ島で有名な大久野島や石垣島の離島のカヤマ島という、うさぎが生息する無人島にも行きました。特にカヤマ島は、小浜島から船をわざわざチャーターして行ったんです。そこのうさぎは野生化していて、森の方に入るとカサカサッていう音がするから、そっちを見ると微かに足だけが見えるんですよ。でも、人間を警戒しているから、なかなか姿を見られない。野生化しているうさぎになんて会ったことないから、興奮しましたよ」

 その日だけでは満足にうさぎに逢えなかったというひぐち君は、なんと次の日も、わざわざ船をチャーターして再度カヤマ島に向かったという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい