AERA dot.

鬼畜・白石隆浩容疑者の毒牙にかかった被害者たちの身元特定に壁 元監察医、警視庁捜査一課元幹部が指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

白石隆浩容疑者(ツイッターより)

白石隆浩容疑者(ツイッターより)

非公開になった白石容疑者のものと思われるツイッターのアカウント「首吊り士」

非公開になった白石容疑者のものと思われるツイッターのアカウント「首吊り士」

 神奈川県座間市のアパートで9人のバラバラ遺体が見つかった事件で、被害者の身元特定に大きな壁が立ちはだかっている。

【写真】非公開になった白石容疑者のものと思われるツイッターのアカウント

 遺体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)は、8月下旬にアパートに転居した直後から犯行を開始。10代後半4人、20歳ぐらいを4人、20代後半1人の計9人を殺害した。うち8人が女性で、全員に性的暴行も加えていたとの情報もある。

 遺体はバラバラに切断して、生ゴミとして処分したという。ある解剖医は言う。

「最初は時間がかかったそうですが、遺体の解体はコツさえ覚えれば、すぐに早くなります。ただ、解体した遺体をクーラーボックスで保存していたとなると、部屋の中の腐臭はすごかったはず。そんな場所で2カ月も暮らすなんて、普通の人間はできません」

 白石容疑者は、ツイッターなどのSNSを使って自殺志願者を“スカウト”し、自宅に呼び寄せて犯行に及んでいた。やりとりはお互いに匿名で、殺害について被害者の同意は得ていなかったという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加