カンニング竹山「出たがり芸人コメンテーターに腹立ちますか?」 (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カンニング竹山「出たがり芸人コメンテーターに腹立ちますか?」

連載「言わせてもらいますけどね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。連載バックナンバーはこちら(撮影/写真部・小原雄輝)

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。連載バックナンバーはこちら(撮影/写真部・小原雄輝)

政治や社会問題についてコメントする芸人が増えている。それを良く思わない人もいるけれど… (※写真はイメージ)

政治や社会問題についてコメントする芸人が増えている。それを良く思わない人もいるけれど… (※写真はイメージ)

 みなさん、芸人がワイドショーでコメンテーターをしているのって、どう思います?

「芸人がそんな仕事してんじゃねーよ」っていう批判が結構あって、僕も言われたりするんですよ。いまはSNSもあるから「てめえみたいなのが言うんじゃねーバカ」とか、そういうコメントがめちゃくちゃ来たりします。「てめえが政治を語るな」とか「お笑いだけやってろ」とか「お前に言われたくねー」とか。こういう仕事する前から政治とか社会の裏側を見るのは好きなんですけど、「最近どうした!?」って言われたり。僕だけじゃなくて、ママタレで情報番組に出てる人も言われていると思うんですよね。

 芸人がお笑いの仕事だけやるのも正解だと思うけど、情報番組に出るっていう選択も僕は正解だと思っているんですよ。なぜかと言うと、そういう作りの番組が多くなってるから。芸人が「僕は情報番組のほうに行きますんで」って自分で手を上げたわけじゃなくて、結局、テレビが昔と変わってきてるんです。

 タレントさんがゲストで出るのを抜きにして、純粋に芸人だけが出ている「ど・バラエティー」が世の中にいくつあるのかっていうと、実はそんなに多くない。「金曜 ロンドンハーツ」とか「めちゃ×2イケてるッ!」とか「アメトーーク!」とか、それ以外ってほとんど無いんですよね。クイズ番組もタレントさんとか芸人とか、テレビ慣れしたいろんな人が出てくるけど、番組数は少なくなって、増えてきたのはインターネットと情報番組です。

 昔は朝の情報番組とか俺たちには関係ない分野だったんだけど、テレビ側がタレントさんとか芸人を入れて作り始めちゃったから興味があったり、やってみようかなって思う人は出るわけです。でもね、そういう作りの番組って、情報番組と言いつつバラエティーになってるんじゃないかと思うんですよ。池上彰さんのニュース解説みたいに、作り手がぐっと目線を下げた番組って増えている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい