【ドラフト展望】最下位ロッテにおすすめしたい逸材はコレだ! (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト展望】最下位ロッテにおすすめしたい逸材はコレだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
戦力補充を目指したいロッテ・井口新監督(c)朝日新聞社

戦力補充を目指したいロッテ・井口新監督(c)朝日新聞社

【おすすめ選手・その4】
前野幹博:ヤマハ 三塁手兼外野手 185㎝ 94㎏ 右投左打

 岩見とともに強打者タイプでおすすめしたいのが前野だ。前野は岩見に比べると守備、走塁の能力も決して低くなく、特に脚力はたくましい体格に似合わないだけのものがある。サード、外野ともなかなか固定できていないチーム事情からも、補強ポイントに非常にマッチする選手である。社会人だが高校卒4年目と若さがあり、今後の成長が期待できる点もおすすめポイントだ。

【おすすめ選手・その5】
園部佳太:いわき光洋 遊撃手 177㎝ 78㎏ 右投右打

 下位で右の強打者タイプを狙うなら園部をおすすめしたい。構えにはそれほど力感はないもののヘッドの走りが良く、楽に強い打球を放つバッティングが持ち味。ゆったりとタイミングをとってミートする力も高い。ショートとしてはフットワーク、スローイングともに物足りないが運動能力は決して低くないだけに、将来的には外野手として育てるのも面白いだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい