カンニング竹山「僕がやられたと思った番組『ねほりんぱほりん』と『池の水』のある共通点」

連載「言わせてもらいますけどね!」

 Youtubeやインターネットの動画配信サービスが増え、既存のテレビの危機が叫ばれて久しい。その中でも「池の水ぜんぶ抜く」(テレビ東京)など、人気番組が生まれている。カンニング竹山さん今、楽しみにしている番組は10月からシーズン2がスタートするEテレの「ねほりんぱほりん」。人気番組には共通点があると考えている。

*  *  *
「ねほりんぱほりん」がまた始まりますね。あの番組を最初に見た時、衝撃だったんですよ。「元薬物中毒者」とか「痴漢えん罪経験者」とかゲストがエグい話をしているのに、モグラとブタの人形劇にするだけで、こんなに嫌らしくないんだ!って。証言する人の顔にモザイクかけたり、お面にしたりしても嫌らしさが出るじゃないですか。ぬいぐるみならいいって面白いなーって思ったし、制作側じゃないからこんなこと言うのも変だけど、「やられたなぁー」って思った番組ですね。

 あの番組って子ども向けの教育テレビのノウハウが詰め込まれているんですよ。スタッフとして関わっている知り合いから聞くと、テレビのことや社会のことをしっかり考えて作られてて、時間をかけて取材もしている。あんなにディープなのに、放送ではカットされちゃっている内容がもっとあるらしい。一視聴者として見ていても、じっくり作られているのがよく分かりますよね。制作者に熱がある番組。ぼくが長年出してもらっている「探偵!ナイトスクープ」に似ているなと思います。

 もちろんNHKは規模の大きい会社だから派閥があって…って話しは別のとこでも聞く。受信料で作られているから、1年のうちに企画書を出す時期が決められていて、スピード感は欠けるらしい。だけど番組への時間のかけかたとか、民放にできないけどNHKにはできるってことがあるんだなと思いますよね。

 NHKのドラマばかり出てた時期もあったんだけど、リハーサルだけやる日とかあるんですよ。他局ではそんなこと無かった。その分、ドラマの仕上がりはやっぱり面白いですよね。お金がわんさかあるわけじゃないみたいで、「バラ飯です」(それぞれ食事をすること)ってこともよくありましたけど。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック