最新研究で「消える職業」がさらに増加! それでも生き残る7つのモデルとは?

仕事

2017/09/20 07:00

 テクノロジーが進化することで、人間の仕事はなくなってしまう――そんな未来図が、異口同音に語られるようになっている。そのきっかけとなったのが、オックスフォード大学でAI(人工知能)研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授が発表した論文「雇用の未来」だ。この論文では、実に702種類の職業を対象に、「10年後にコンピューターに置き換えられる可能性」を算出してランキング化している。彼によれば、702の職業のうち約半数の47%がコンピューター化されるそうだ。

あわせて読みたい

  • 2045年、世界は激変する!?「シンギュラリティ」とは?落合陽一氏による超AI時代の生き方

    2045年、世界は激変する!?「シンギュラリティ」とは?落合陽一氏による超AI時代の生き方

    tenki.jp

    9/16

    オリンピック期間は転職者が減る?その理由は

    オリンピック期間は転職者が減る?その理由は

    AERA

    7/23

  • これからの医師は“病気を治す”だけではやっていけない? AI時代の医療とは

    これからの医師は“病気を治す”だけではやっていけない? AI時代の医療とは

    dot.

    9/11

    100人の顔)グレイステクノロジーの松村幸治会長(64)「究極のマニュアルで社会を変える」

    100人の顔)グレイステクノロジーの松村幸治会長(64)「究極のマニュアルで社会を変える」

    週刊朝日

    1/2

  • AIが“心”を持つと「人の価値」そのものが変わる? キーワードは「役に立つ」

    AIが“心”を持つと「人の価値」そのものが変わる? キーワードは「役に立つ」

    AERA

    11/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す