「道具でボール打つスポーツが苦手」石田ゆり子の四苦八苦

佐藤拓也dot.
石田ゆり子 (撮影/佐藤拓也)
拡大写真

石田ゆり子 (撮影/佐藤拓也)

 女優の石田ゆり子(47)は4日午前、都内で行われた「KIRIN 新・一番搾り」の新CM発表会に出席し、CM撮影時のエピソードを披露した。

【写真はこちら】美しすぎるアラフィフ 石田ゆり子の全身ショット

 石田ゆり子はCM内でゴルフに挑戦。パットがなかなか入らない役を演じたが、「もともと(ゴルフは)昔コースをまわったくらいで、本当に初心者なので、ゴルフに四苦八苦する役だったんですけど、実際、全然入らなくて、もう素でしたね」と述べ、「外すのが上手だと言われました」と苦笑い。「なんで私はいつもこうなんだろうなって。いつも道具でボールを打つスポーツがうまくいかないタイプなんです」と笑いを誘い、「ゴルフで外した後でも、スポーツの後に仲間と飲むビールは幸せだなぁって思います」と笑みを浮かべた。

 新CMに出演する俳優の堤真一(53)、鈴木亮平(34)も出席。堤真一は七輪で火をおこしてサンマやサザエを焼くシーンに触れ、「独身時代から火をおこして、七輪を使っていました」とエピソードを紹介。

 鈴木亮平はCM内で歌を披露するシーンについて、「ミュージカル俳優ばりに歌えるようになったつもりで現場に行ったが、『下手うまな感じ』でお願いしますと言われ、俺の練習してきたことはなんだったんだろう」と語り、会場を和ませた。

 キリンは2020年に発売30周年を迎える「一番搾り」をフルリニューアル。7月下旬に製造した商品から順次切り替えている。新CMは5日から順次オンエアーされる。(AERA dot.編集部・佐藤拓也)

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック