カリスマYouTuberヒカルの年収は”自称”5億円 「日本一にふさわしいのはぼく」 (3/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カリスマYouTuberヒカルの年収は”自称”5億円 「日本一にふさわしいのはぼく」

このエントリーをはてなブックマークに追加
竹内良介dot.
ヒカル/1991年、兵庫県生まれ。NextStage代表、VAZ執行役員。チャンネル登録者数260万人を超える日本トップクラスのYouTuber/ヒカルさんのチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCaminwG9MTO4sLYeC3s6udA(撮影/写真部・小原雄輝)

ヒカル/1991年、兵庫県生まれ。NextStage代表、VAZ執行役員。チャンネル登録者数260万人を超える日本トップクラスのYouTuber/ヒカルさんのチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCaminwG9MTO4sLYeC3s6udA(撮影/写真部・小原雄輝)

――ヒカキンさん、はじめしゃちょーさんなど、超有名YouTuberを抜いて「日本一のYouTuberになる」と公言されています。なぜ「一番」にこだわるのですか?

ヒカル:トップとその他大勢では得るものがまったく違うからです。メディアの取り上げ方も違いますし、もちろん収入も違う。あとはぼくくらいしか「日本一」にふさわしい人間はいないと信じているからです。

――その根拠はなんですか?

ヒカル:自分の才能を信じていることと、戦略的に考えて日本一になれる自信があることです。

――どんな戦略ですか?

ヒカル:魅力的な動画を毎日投稿し続ける。それと「日本一になる」と言い続けることも重要です。洗脳ではありませんが、それを視聴者さんに刷り込んでいく。「もしかしてヒカルが日本一になるんじゃないか」と思わせる。いま3割くらいの視聴者さんは本気で考えていると思います。それが半数を超えると、大きな風になる。ぼくの頭の中では、すでに1位になった自分が見えています。あと2年くらいですね。そこで日本一に手が届きそうになければYouTuberはやめようと思っています。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧