AERA dot. 5th anniversary

珍名踏切マニアがいく!東亜建設、ニヤクコーポレーション専用踏切って?

連載「珍名踏切が好き!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜市の鶴見駅と京浜工業地帯の各地を結ぶ鶴見線の電車。国道駅にて

横浜市の鶴見駅と京浜工業地帯の各地を結ぶ鶴見線の電車。国道駅にて

半ば廃線の空気を漂わせる大川駅と、その手前にある日本ガラス踏切

半ば廃線の空気を漂わせる大川駅と、その手前にある日本ガラス踏切

今回紹介した踏切周辺の地図

今回紹介した踏切周辺の地図

 踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。鶴見線はその成り立ちから、沿線に会社名踏切が多くある。支線が多いのも鶴見線の特徴で、各駅から伸びている支線にはさまざまな歴史や特徴があり、マニアならずとも楽しめる沿線だ。今回は鶴見線沿線の、安善駅から大川駅までを歩いてみた。

※鶴見駅から安善駅までは「珍名踏切マニアが歩く! 『旭ガラス踏切』に『日石踏切』鶴見線沿線に会社名踏切が多い理由」で紹介しています

【地図や他の踏切写真はこちらから】

*  *  *
 京浜工業地帯の心臓部を走る鶴見線は、戦争中に国有化されるまで鶴見臨港鉄道という私鉄であった。安善駅(当時は安善通駅)からは、その名も「石油支線」が分岐しており、今もその線路は米軍のジェット燃料の輸送に用いられており、それらしい踏切名もある。

●踏切名を社名変更に合わせて変更!

 鶴見線の安善駅から南へ分岐した線路脇には米軍の油槽所があり、その40メートルほど南側の踏切に東亜建設踏切の名が付いている。地図で確認すると、なるほど道の東には東亜鉄工、東亜ビルテックなどの関連会社が並んでいた。線路にぴったり並行する道路を進み、運河を渡ると間もなく東へ向かう幅広い道路にあるのは「ニヤクコーポレーション専用踏切」だ。同社HPで調べてみると、昭和23(1948)年に株式会社国鉄石油荷扱社が設立され、その年に石油荷役株式会社に社名変更している。カタカナに社名変更したのは平成3(1991)年のことだから、踏切名の変更は意外にマメである。

 さらに先へ行ってみると安善町2丁目バス停の向こうに、遮断機のない踏切があった。これだけの広い道で警報機・遮断機ともない第4種踏切は珍しいが、懐かしい「とまれみよ」の表示がある。米軍の油槽所へ入る線路が道路を斜めに渡っている日石カルテックス踏切だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   今尾恵介 , 珍踏切が好き! , 鉄道 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加