AERA dot.

甲子園のレジェンドが明かす忘れられない名シーンとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#高校野球

左から植草貞夫さん、京都フローラ小西美加選手、太田幸司さん

左から植草貞夫さん、京都フローラ小西美加選手、太田幸司さん

 いよいよ開幕した第99回全国高校野球選手権。阪神甲子園球場では、今年も地方大会を勝ち抜いた高校球児による熱戦が繰り広げられている。これまで数々の名勝負、伝説のシーンを作り上げてきた甲子園で、今年はどんなドラマが生まれるのだろうか。甲子園大会の歴史に名を残すレジェントからも熱い思いが寄せられている。

 元朝日放送アナウンサーの植草貞夫氏は、長いアナウンサー生活の中でも、とくに印象深い仕事が高校野球だという。

「1960年から1988年の28年間は、夏の大会の決勝戦をすべて実況できたことがなによりも自慢です。高校野球ファンは熱心で、あのとき、こんな実況をしましたね、と言われるのはうれしいものです」(植草氏)

 なかでも植草氏の記憶に残るのは、延長18回と翌日の再試合を投げ抜いて、日本中に感動を与えた名シーン。その主役は元プロ野球選手で現在は野球解説や日本女子プロ野球機構スーパーバイザーを務める太田幸司氏だ。

「実際にマウンドに立った本人としては、いつまでも言われるのが若い頃は嫌でしたね。でも、この歳になって考えると、やっぱりいろいろな影響力があったのかなと思います」(太田氏)と、当時を振り返る。

 誕生から8年を迎える女子プロ野球で活躍中の京都フローラ・小西美加投手も大歓声に包み込まれるような独特の雰囲気を持つ甲子園球場には、特別な思いがあるという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧


   高校野球 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加