修羅場を経験し編み出した 緊張を一瞬でほぐす方法 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

修羅場を経験し編み出した 緊張を一瞬でほぐす方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
秀島史香(ひでしま・ふみか)/ラジオDJ、ナレーター。1975年、神奈川県茅ケ崎市出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。大学在学中にラジオDJデビュー。J-WAVE『GROOVE LINE』、NHKラジオ『英語で読む村上春樹』のほか、NHK総合『着信御礼!ケータイ大喜利』などのテレビ番組にも出演。映画、テレビ、CM、アニメなどのナレーション、美術館音声ガイド、JAL機内放送など活動は多岐にわたる。J-WAVE SPECIAL『VERMEER, 37 STORIES~光の王国~』で第49回ギャラクシー賞『ラジオ部門選奨』受賞。現在の担当番組は、FMヨコハマ『SHONAN by the Sea』、JFN系列局『Pleaseテルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』では吉田照美氏と共演中

秀島史香(ひでしま・ふみか)/ラジオDJ、ナレーター。1975年、神奈川県茅ケ崎市出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。大学在学中にラジオDJデビュー。J-WAVE『GROOVE LINE』、NHKラジオ『英語で読む村上春樹』のほか、NHK総合『着信御礼!ケータイ大喜利』などのテレビ番組にも出演。映画、テレビ、CM、アニメなどのナレーション、美術館音声ガイド、JAL機内放送など活動は多岐にわたる。J-WAVE SPECIAL『VERMEER, 37 STORIES~光の王国~』で第49回ギャラクシー賞『ラジオ部門選奨』受賞。現在の担当番組は、FMヨコハマ『SHONAN by the Sea』、JFN系列局『Pleaseテルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』では吉田照美氏と共演中

「『緊張して、人とうまく話せないんです』という悩みをよく打ち明けられます」

 そう話すのは、キャリア20年の人気ラジオDJ・秀島史香さん。実は秀島さん、生来の人見知りで「緊張しい」だといいます。

「以前は必要以上に緊張しましたが…このワザでもう大丈夫です!」という秀島さん。頭が真っ白になる修羅場を経験しながら自分なりに編み出した、「こうすれば楽になる!」という対処法を、自著『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』で明かしてくれました。

*  *  *
「笑いましょう」と言われてもそう簡単に笑えないように、いくら「リラックスしましょう」と言っても難しいものです。でも、「緊張したときの症状」をもう一度考えてみてください。顔がこわばる。心臓がバクバクする。首や肩がガチガチに固まる。全部、体の症状ではありませんか?

 それに気づけば、あとは簡単です。「固まっているな」と思う部位を自分でほぐしていきましょう。

 私の場合は、肩甲骨を意識して腕を前後に大きく振るストレッチをしています。気持ちが萎縮するとからだも前のめりに縮こまるので、背筋を伸ばして胸を張り、腕を風車のように回しながら肩も回すこと30回。動き回ると血のめぐりも良くなって、頭もスッキリ。

 さらに、ストレッチよりも簡単でおすすめなのが、ジャンプをすること。人前でやるのがはばかられるときは、トイレへ行ったついでにピョンピョンと20回。ストレッチからのジャンプは私の中でひとつのルーティン。毎回こなすことは、自分を落ち着かせる効果があります。

 さらに楽になる方法としては、自分への「期待値を下げる」こと。そもそも緊張は、「失敗したくない」=「ちゃんとやりたい」という思いから起こります。その目標に自分が到達できるか不安だから、胸がドキドキしたり、頭が真っ白になったり、しどろもどろになります。「完璧にビシッとこなすことだけが人を惹(ひ)きつけるのかな? いや、そうじゃないはず!」くらいの開き直りが案外結果オーライとなるのです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい