AERA dot.

左利き投手を「サウスポー」というのはなぜ? 野球のうんちく4連発

このエントリーをはてなブックマークに追加

野球のうんちくを紹介!(※イメージ写真)

野球のうんちくを紹介!(※イメージ写真)

ジュニアエラ 2017年7月号

朝日新聞出版
定価:490円(税込)

B0722XYCZ6

amazonamazon.co.jp

 クラブ活動からオリンピックまで、規模もレベルもさまざまな舞台で、多くの人を夢中にさせるスポーツ。話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』では、毎号、一つの競技を取り上げて、やっても見ても楽しくなるうんちく(深~い知識)を紹介するよ。今回は野球。言葉に注目だ!

【うんちく(1)】
「バッター」を「打者」と訳したのは俳人・正岡子規

 明治時代の俳人・正岡子規は、学生時代、当時アメリカから日本に渡ったばかりの野球に夢中になった。野球の普及にも努め、「バッター」を「打者」、「ピッチャー」を「投手」などと訳した。「ベースボール」を「野球」と訳したのは、教育者の中馬庚。

【うんちく(2)】
「ショート」と呼ぶのは、打者との距離が「短い」場所にいたから

 九つあるポジションの一つ「ショート」は英語で「ショートストップ」といい、もともとは投手の近く、今より打者との距離が「短い」場所でボールを止めていたことから名づけられた。

 正岡子規はショートを「短遮」と訳したけれど、中馬庚(ちゅうまかのえ)が、戦場の遊撃隊のように機敏にさまざまな役割を果たすことから「遊撃手」と名づけた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   ジュニアエラ , 朝日新聞出版の本 , 読書 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加