珍名踏切マニアがいく! 謎の「茶碗焼・壺焼・瓦焼」踏切 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

珍名踏切マニアがいく! 謎の「茶碗焼・壺焼・瓦焼」踏切

連載「珍名踏切が好き!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鹿児島本線八代駅から歩き始めた。日本製紙の煙突は昔からの借景。肥薩おれんじ鉄道の起点はここ

鹿児島本線八代駅から歩き始めた。日本製紙の煙突は昔からの借景。肥薩おれんじ鉄道の起点はここ

壺焼踏切は第4種でクルマは通れない

壺焼踏切は第4種でクルマは通れない

茶碗焼踏切を通過する肥薩おれんじ鉄道の気動車

茶碗焼踏切を通過する肥薩おれんじ鉄道の気動車

瓦焼踏切。こちらは由来がわからない。瓦を焼く窯はかつてだいぶ多かったらしい

瓦焼踏切。こちらは由来がわからない。瓦を焼く窯はかつてだいぶ多かったらしい

今回紹介した踏切周辺の地図

今回紹介した踏切周辺の地図

 踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。今回は「壺焼・茶碗焼・瓦焼」踏切を紹介します。

【地図や他の踏切写真はこちら】

*  *  *
 九州新幹線が開通した時に、八代(やつしろ)駅から南、川内(せんだい)駅までの116.9キロ(博多~鹿児島間の3分の1強の距離)が第三セクターの「肥薩おれんじ鉄道」に移管された。例によって新幹線の開業による並行在来線の切り離しである。最近では「おれんじ食堂」という、地方の私鉄できわめて珍しい食堂車のデビューで話題になったが、実はこの鉄道の線路に、焼き物に関する踏切が3つあるのをご存知だろうか。壺焼踏切、茶碗焼踏切、そして瓦焼踏切である。しかも八代の次の駅である肥後高田(こうだ)駅付近に集中している。背景には何があるのだろうか。少し調べてみる限り地名ではない。

 ずいぶん久しぶりに八代駅に降り立った。前回は新大阪から寝台特急「なは」での来訪だった。この規模の街としては珍しい瓦葺きの木造駅舎なのだが、新幹線が新八代駅を通るようになって乗降客はだいぶ減ったらしい。それでも駅のすぐ裏手に紅白の煙突が聳えている風景は変わらない。もくもくと白煙(湯気)を上げているのは、大正13(1924)年の九州製紙時代からずっと操業を続けている日本製紙八代工場だ。

 駅からすぐ南側には球磨川が滔々と流れている。川幅はなかなか広い。お目当ての3踏切のうち、最も手前にある壺焼踏切は肥後高田駅が最寄りだが、球磨川に架かる鉄道橋を外から眺めたかったので、歩いて行くことにした。人吉へ向かう国道219号の新萩原橋で球磨川を渡る。天高い風景の中を歩いていると、後から自転車に乗った高校生たちが「こんにちは!」と声をかけながら追い抜いていく。この一帯は難読地名の豊原(ぶいわら)である。景行天皇が不知火(しらぬい)に導かれてここに着いたという由緒ある土地だという。

 赤く塗られた4連の曲弦ワーレントラスを遠望するうち、たった1両編成の下り列車がそこを軽快に走り抜けて行った。かつてはここを東京からの寝台特急「はやぶさ」をはじめ、「つばめ」など各種の特急や急行が行き交っていたが、新幹線が通った今では先ほどのような1両が、せいぜい通学時間帯に2両編成になる程度が標準だ。

■鹿児島本線時代のままの壺焼踏切

 しばらく線路と用水に沿って歩くと、壺焼踏切のあたりにたどり着いた。線路を渡るのは自動車が通れない細道で、警報機も遮断機もない第4種踏切。首都圏ではとんと見かけなくなった「とまれみよ」が懐かしい。しかし肝心の踏切名が見当たらないではないか。手元の資料によれば確実にこの場所のはずだが、証拠写真が撮れないと困る。よくよく見たら「とまれみよ」の裏側に「壺焼 238K067M」という手書き文字があった。だいぶ錆びた鉄板であるが、字の部分だけ錆が薄いので読み取れた。

 238K云々は鹿児島本線時代の起点である門司港駅(北九州市門司区)の停車場中心を0とした距離だ。これは線路脇に点々と設置された距離標に連動しており、踏切だけでなく停車場、橋梁などすべての施設の位置情報の基本である。今ではこの鉄道の起点は八代駅だが、全部書き直すのは大変だから以前のものを流用しているのだろう。踏切名も同じだが、古いままで困ることなどない。壺焼踏切を渡った道は高速道路をくぐって山へ入って行くようだが、1日にいったい何人がここを通るのだろうか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい