熊本地震発生! そのとき保険会社は… 支店長が下した決断とは 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

熊本地震発生! そのとき保険会社は… 支店長が下した決断とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
西島博之dot.
熊本支店8階に置かれた熊本地震災害対策本部。6月初旬には約200人の社員が契約者の問い合わせに対応した(撮影/写真部・東川哲也)

熊本支店8階に置かれた熊本地震災害対策本部。6月初旬には約200人の社員が契約者の問い合わせに対応した(撮影/写真部・東川哲也)

2010年入社で熊本支店自動車営業課の矢崎泰章副長(写真)はゴールデンウィークまで約30件の実調を担当した。震源に近く、最も被害が大きかった益城町にも出かけた(撮影/写真部・東川哲也)

2010年入社で熊本支店自動車営業課の矢崎泰章副長(写真)はゴールデンウィークまで約30件の実調を担当した。震源に近く、最も被害が大きかった益城町にも出かけた(撮影/写真部・東川哲也)

野間和子(のま・かずこ)/1979年、熊本支店に旧一般職として入社。2005年、グローバル職に転換、販売業務部に配属。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険出向などを経て、15年、人事部特命部長。16年4月から執行役員熊本支店長。好きな言葉は「変化はチャンス」(撮影/篠塚ようこ)

野間和子(のま・かずこ)/1979年、熊本支店に旧一般職として入社。2005年、グローバル職に転換、販売業務部に配属。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険出向などを経て、15年、人事部特命部長。16年4月から執行役員熊本支店長。好きな言葉は「変化はチャンス」(撮影/篠塚ようこ)

 2016年4月14日、熊本地震が発生。損保ジャパン日本興亜の本社では、西澤敬二社長を本部長とする「危機対策本部」が設置された。社員の安否や現地の被害状況を確認するとともに、応援社員の派遣を決めた。15日には熊本県に「災害対策本部」を置き、熊本支店長が陣頭指揮を執った。

*  *  *
 4月1日付で熊本支店長に着任したばかりの野間和子は連日、関係先へのあいさつ回りを続けていた。14日は天草方面を訪問し、支店で残務整理をしたあと帰宅した。マンション14階の自宅で夕食の支度をしていた午後9時26分。マグニチュード6.5、最大震度7の巨大地震が熊本地方を襲った。「最初、ドーンと突き上げるような衝撃が来て、それからグラグラと横に揺れだしました」(野間)

 流し台につかまって耐えるのが精いっぱいだった。揺れが収まったあと、野間はすぐさま支店に向かった。「災害が起きたら会社に駆けつける」。損害保険会社の社員に刷り込まれた使命感だ。マンションのエレベーターは止まっている。自転車を抱えて非常階段を下り、腕がパンパンに張った。

 支店もひどいありさまだった。同社では地震に備え、キャビネットはすべて床面に埋め込んである。それでも倒れていた。野間はほかの社員とともに、まず社員の安否を確認した。

 翌15日、全社員の安否確認がまだとれないなか、野間は代理店や法人顧客の被害状況を確認するように指示。地震保険の契約者から問い合わせを受ける「事故サポートデスク」を開設した。

 このとき九州本部長の大久孝一(おおひさ・こういち)が約5時間半をかけ、福岡から車で駆けつけた。2011年3月の東日本大震災の際に仙台支店長だった大久が、震災時の経験を野間にアドバイスするためだ。

 野間はひとつの決断をした。

「5月末まで支店の営業活動を停止し、営業社員も保険金支払いの支援に全力を挙げる」

 一日でも早く、ひとりでも多くの契約者に保険金を支払う。地震保険金は生活再建に不可欠な資金だ。とにかく契約者のことだけを考えなくてはならない。支払う保険金の金額を決めるには、被害を確認する実地調査(実調)が必要になる。

 実調に不慣れな営業社員に向けて急遽、勉強会を開き、4月18日から実調にとりかかった。「自分も実調を知らないと指揮できない」。こう考えた野間も2日間にわたり計6回、実調を経験した。

「話を聞いてさしあげるだけで、お客さまがどれほどホッとされているか、肌で感じました」(野間)

 多くの代理店からもありがたい申し出があった。「わたしたちにも実調をやらせてください。近道を知っているので早く着けます」。こう言って、鑑定人や1級建築士を乗せて車で被災地に向かった。

 この間も全国から応援社員が駆けつけ、ゴールデンウィーク前には、その数は約100人に達した。4月に入社したばかりの総合系グローバル社員127人も派遣されてきた。実調の効率を上げる拠点(デポ)づくりも進められ、熊本県内に計5カ所設けられた。なかでも4月27日、旅館1棟を借り受けた菊池デポ(菊池市)は大きな役割を果たした。

「菊池デポができたことで実調の動きが変わりました」(野間)

 菊池デポからは連日、作業着、ヘルメット姿の応援社員が飛び出していった。その姿を見て、野間は涙をこらえるのに懸命だった。(アエラムック教育編集部・西島博之)

※AERA企業研究シリーズ「損害保険ジャパン日本興亜 by AERA」から


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい