【12球団見どころ・日本ハム編】球団初の連続日本一へ 大谷翔平は今年どこまで進化する? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【12球団見どころ・日本ハム編】球団初の連続日本一へ 大谷翔平は今年どこまで進化する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
初の連続日本一を狙うチームでカギとなる大谷翔平選手=2016年10月25日、白井伸洋撮影 (c)朝日新聞社

初の連続日本一を狙うチームでカギとなる大谷翔平選手=2016年10月25日、白井伸洋撮影 (c)朝日新聞社

 野手陣はFAで陽岱鋼が抜けたが、リーグを代表する外野手に成長した西川遥輝に、成長著しい岡大海や淺間大基、さらにはトレードで移籍した大田泰示も加わり、外野陣は若手選手による激しいレギュラー争いとなっている。内野手ではWBCで日本の主砲として活躍中の中田翔、昨年本塁打王のレアード、チームの精神的支柱でもあるベテランの田中賢介は盤石だ。今季中にFA権を獲得する中田はシーズン後の移籍も噂され、大谷よりも先にユニフォームが変わる可能性もあり、注目のシーズンとなる。打撃に定評のある近藤健介は二塁コンバートに挑戦中で、遊撃の守備で安定感があるドラフト2位ルーキーの石井一成など、楽しみな若手が多い。

 投打に高い総合力で、今季も充実した戦力を誇るが、連覇のカギを握るのは、投打の両面で、やはり大谷ということになるだろう。投手でも野手でも、スターティングメンバーに大谷の名前があるなしでは、雲泥の差があるのは否めない。

 開幕スタメンのDHの欄に大谷の名前があるのか。そして大谷が先発ローテに復帰するまで、チームとしていかなる戦いができるか。いずれにしても、連続日本一に「大谷翔平」はマストアイテムであることは間違いない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい