米倉涼子主演「ドクターX」 名実ともに「相棒」を押さえ“テレ朝の顔”に…

dot.
 女優の米倉涼子(41)が天才外科医を演じる「ドクターX~外科医・大門未知子~」が12月22日に最終回を迎える。

【写真】米倉涼子の「美の秘訣」

 これまで10話が放送されたが、平均視聴率はほとんどが20%超え(第2話は19.7%)という高視聴率を記録しており(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、「今期のドラマでも不動の1位は揺るぎない」(テレビ誌記者)という。

 テレビ朝日の看板ドラマといえば「相棒」と「ドクターX」。再放送でも安定した視聴率を記録している。

「『私、失敗しないので』の決めセリフと米倉のキャラクターはもちろんですが、脚本の秀逸さは群を抜いています。テレビ朝日の再放送のドラマの常連は『相棒』『ドクターX』『おみやさん』などですが、再放送でもいまだに人気です。ただ『相棒』は10月に元俳優の高樹沙耶(53)が大麻取締法違反の容疑で逮捕され、高樹が出演している過去の作品は再放送できなくなり、12月には薬物疑惑が報じられた元俳優の成宮寛貴氏(34)の電撃引退などスキャンダルが続いています。さらに最近ではかつての勢いに陰りも見えてきて、徐々に視聴率も下がり始めています」(スポーツ紙記者)

 22日放送の最終話では未知子の片腕でもあるフリーランスの麻酔医・城之内博美(内田有紀)が局所進行膵がんであることが分かる。すでに、完全切除が難しい状態にまで進行し、未知子でも手術が厳しいことを判断した博美は、未知子が執刀医になる申し出を断るが……。

「一時は米倉が『役のイメージが付き過ぎる』という理由で『ドクターX』の続編を拒んでいましたが、今では自分の代表作と、今後も続ける意向だそうです。失敗しないどころか、これまで負けなしのドラマですから、長寿番組になるのは間違いないでしょう」(テレビ関係者)

 その前に、やはりファンの間では映画化を待ち望んでいる声が多いが……。(ライター・黒田翔子)

【ドラマ「ドクターX」の平均視聴率】(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
第1話20.4%(10月13日放送)-
第2話19.7%(10月20日放送)↓
第3話24.3%(10月27日放送)↑
第4話21.3%(11月3日放送)↓
第5話20.4%(11月10日放送)↓
第6話21.5%(11月17日放送)↑
第7話22.2%(11月24日放送)↑
第8話20.7%(12月1日放送)↓
第9話22.6%(12月8日放送)↑
第10話20.5%(12月15日放送)↓
最終話?%(12月22日放送)?

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック