活動自粛…“ゲス”川谷絵音をそれでも「擁護」する人々 「不寛容な世の中だね」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

活動自粛…“ゲス”川谷絵音をそれでも「擁護」する人々 「不寛容な世の中だね」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
川谷絵音(c)朝日新聞社

川谷絵音(c)朝日新聞社

 これを受けてネット上では「もう二度とバンド活動自粛したまま出てこなくていい」「まじ、音楽に関わらないでほしい」とった厳しいコメントが相次いだ。また今回の騒動を受けて、交際相手のほのかりんも番組を降板していることから「ベッキーの件といい川谷さん、まじ人生クラッシャーですね」「川谷と関わると、悪いことしか降りかからないな」といった声も上がっている。

 しかしそんな一方で、少数ながら川谷を擁護する次のような声もあった。

「ベッキーの件があるとはいえ、ひと昔前のミュージシャンには考えられないことだね。不寛容な世の中だね」
「日常茶飯事な未成年飲酒を叩きまくるのも滑稽」
「川谷絵音さんは素敵な曲を、素敵な演奏を届けてくれるから大好きです」

 批判のコメントの一方で擁護の声があがるなど、その受け止め方は様々だが、どちらにせよ川谷が世間を騒がせる存在であることは間違いないようだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい