有吉弘行&夏目三久「デキ婚報道」をネット民が祝福する理由 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

有吉弘行&夏目三久「デキ婚報道」をネット民が祝福する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
夏目三久と有吉弘行(c)朝日新聞社

夏目三久と有吉弘行(c)朝日新聞社

「有吉はプレゼントをもらうのが好きではないようなんですけど、『夏目ちゃんからのプレゼントは受け取った』と番組内で言ったり、好きなタイプの人として夏目の名前を挙げたりしていました。一方、夏目も自身の夢に有吉が出てきたことを暴露したこともありました。朝食を2人で食べる夢を見たそうですが、共演者のマツコ・デラックス(43)は『有吉さんと家庭を持ちたいってことだと思う』と興奮していましたね。ま、今年3月に夏目は番組を卒業しましたが、そんな“相思相愛”のやりとりが放送されていたわけです」(別の芸能担当記者)

 とはいえ、番組での共演がきっかけで結ばれることは良くある。視聴者から祝福の声がそこまで殺到するのも不思議な話だが。

「祝福されるもうひとつの理由として、挫折を経験して再び這い上がった2人ということが大きいです。有吉は90年代にお笑いコンビ『猿岩石』としてヒッチハイク企画で大ブレークするも、ブームが去ると人気は急降下。仕事が一本もない時期が続き、自殺まで考えたほど。夏目は日本テレビのアナウンサー時代にプライベート写真が流失し、ベッドで横になった夏目が、避妊具の箱を持って笑っている写真が問題となり、番組を次々と降板させられました。その後、出演機会が激減してあえなく日テレを退社。その後、紆余曲折を経てお互いに復活し、多数のレギュラー番組を持つ売れっ子になりました。ま、ドン底を味わい、そこから頑張ってきた2人が結婚して幸せになるというのは、誰だって好感を持ちますよ」(同)

 不遇な時期を経験してきた有吉と夏目アナ。本人たちは否定しているが、もし結婚となると、この先、困難があったとしても2人で乗り越え、仲むつまじい夫婦生活を送ることができるはず――ファンや視聴者はそう思ったからこそ、今回の祝福ムードに繋がったのかもしれない。(ライター・丸山ひろし)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい