海老蔵「途方に暮れ、時が過ぎるのを忘れた」 妻・小林麻央の乳がん告白にショック (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

海老蔵「途方に暮れ、時が過ぎるのを忘れた」 妻・小林麻央の乳がん告白にショック

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見する市川海老蔵

会見する市川海老蔵

 歌舞伎役者の市川海老蔵(38)が6月9日に都内で会見を開き、進行性がんと報じられていた妻でフリーアナウンサー・小林麻央(33)の現状について明かした。

 会見は麻央夫人のがん報道をめぐって、海老蔵の自宅に多くの報道陣が駆け付けたため、急きょ行われることが決定した。二児の父でもある海老蔵は、事前のブログで「出来る限り子供達の生活を日常化する為にする会見」としており、今回の騒動が子供たちの生活に影響するのを懸念していることがうかがわれた。会場でも「この会見以降の、(海老蔵の)自宅での報道はご遠慮願います」といったアナウンスがたびたび響いた。

 会見場となった都内のホテルには、テレビカメラ30台、スチールカメラ40台、そして200人の報道陣が詰めかけた。

 会見場に現れた海老蔵はまず「本日は、麻央が病気という記事が出まして家族は知るところだったのですが、公になったことで説明やご理解ご協力が必要ではないかと思い、皆さまにお集まりいただきました」と会見の趣旨を説明。さらに、麻央夫人の病状について次のように語った。

「(病名は)乳がんですね。1年8カ月前にわかりました。(きっかけは)人間ドックに夫婦でよく行っておりまして、そこで調べたうえでわかりました。かなりスピードの速いもので、なかなか大変なものではないかというご意見をお医者様から頂いておりました。比較的深刻である、と。今は抗がん剤治療を中心にやっています」

 がんの告白を受けたときのことを、海老蔵は「忘れもしない」と言い、次のように振り返る。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい