「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」に埼玉県民が大喜びした理由

dot.

魔夜峰央さん1953年、新潟県出身。横浜在住。... (07:00)dot.

魔夜峰央さん1953年、新潟県出身。横浜在住。... (07:00)dot.
 埼玉県民が東京へ行くには、通行手形が必要だ。しかし勝手な行動は許されず、もし高級百貨店にでも足を踏み入れればたちまち埼玉狩りにあい、百たたきの上に埼玉に強制送還される。食堂でも東京都民とはメニューが分かれていて、埼玉県民用のメニューは「残飯定食」「犬のよだれご飯」「雑草まぜご飯」……。

 これらは全て、1982年に発表された漫画『翔んで埼玉』で描かれている埼玉いじりの一部だ。こんな話を聞かされたら、さぞや埼玉県民は怒るに違いないと思いきや、実際には大喜びしているのだという。

 ツイッターを中心にネットで話題となった同作は、テレビ番組で紹介されたことで一気に火がついた。宝島社が運営する漫画情報サイト「このマンガがすごい!WEB」には復刊を望む声が多数寄せられ、昨年12月に復刻版を発行。初版20万部、4月頭には55万部を超えた。作者は『パタリロ!』で有名な魔夜峰央(まや・みねお)さん。この騒動に「もうあきれていますよ。30年以上前の作品が何でいまさら(笑)」と驚きを隠せないでいる。

『翔んで埼玉』は、成績優秀でスポーツ万能な美少年・麗が東京の学園に転校してきたところから始まるギャグ漫画だ。アメリカ留学帰りの麗は、埼玉県民が東京で虐げられていることに衝撃を受ける。埼玉県出身の生徒は医務室さえ使わせてもらえず、「そこらへんの草でも食わせておけ! 埼玉県民ならそれで治る!」と罵倒される始末。実は所沢出身の麗は、埼玉弾圧に立ち向かうべく革命に身を投じて行くことに……。埼玉差別主義ながら麗に惹(ひ)かれる美少年・百美との道ならぬ恋、ギャグ、ミステリーなど盛りだくさんの内容だ。

 出版した当時は、よくも悪くも反響がなかったという。魔夜さんは編集者の勧めで新潟から上京して4年間所沢市に住んでいたが、その後横浜に転居。すっかり『翔んで埼玉』のことは忘れていた。今回改めて作品を見て、「うわっ、よくこんなの描いたな」というのが正直な感想だそうだ。

「埼玉県に住んでいた者として腹が立つくらいの作品ですが、自分が描いたということなので……ああそうですか、すみませんでしたと言うしかないです(笑)」

 しかし実際は、埼玉県の書店でも『翔んで埼玉』は大人気。なんと、全売り上げの3割を埼玉県が占めているほど。市長たちからは感謝や激励のコメントが寄せられ、上田清司埼玉県知事も「悪名は無名に勝る」と期待する。


続きを読む

次ページ>

「犬以下の埼玉県民をかばいだてするつもりか」…

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック