白井健三「絶対に見返してやろう」 日体大5年ぶり優勝 体操・全日本団体 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

白井健三「絶対に見返してやろう」 日体大5年ぶり優勝 体操・全日本団体

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
白井健三(撮影・末永裕樹)

白井健三(撮影・末永裕樹)

 日体大のゆか最初の演技者、神本が危なげない演技で14.650点を出すと、続く主将の岡準平も完璧に近い着地で15.100点をマーク。そして最終演技者として白井が登場する。

 後に内村は「健三は120%失敗しないだろうと思って見ていた」といった旨のコメントをしていたが、白井はまさにその通りの演技を披露する。難易度の高いタンブリングを次々と決め、ラストは4回ひねりの着地をピタリと決める圧巻の演技。終わるや否や、飛び上がって喜んだ。

 白井は今回の試合を次のように振り返る。

「ミスなく、ねばり強くやることで、全員で優勝を狙う気持ちでいました。コナミ、順天堂大が優勢とみられていたので、絶対に見返してやろうという気持ちだった」

 優勝が懸かったゆかはプレッシャーのかかる局面だったが「とにかく自分にできることに集中して。自分にできることをやれば16.4点くらいは出ると思っていたので、自分の点数を出しにいきました」と、当時の心境を明かした。そして表示された得点は16.700。文句なしの今大会最高得点をチームに加算して、日体大優勝に大きく貢献した。

(ライター・横田 泉)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい