「右でも左でもなく、前向きです」知覧で思う平和の意味 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「右でも左でもなく、前向きです」知覧で思う平和の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷由里子dot.#ごきげんに生きよう
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 年齢を経てますます大切なのは、毎日を機嫌よく過ごす力「ごきげん力」ではないでしょうか。

 人生いいこともあれば、悪いこともある。馬が合う人もいれば、合わない人もいる。でも、どんなときでも「ごきげん力」さえあれば、大丈夫。

 元吉本興業の名物マネージャーで、現在、「笑い」や「元気」などをテーマに年間300回ものセミナー・講演を行う大谷由里子(51歳)さんがお送りする「ごきげんに生きるために大切な習慣」。

 大人気イラストレーターの上大岡トメさんのコラボ4コマも同時連載中です!

*  *  *
 落ち込んでいる人がいれば、わたしは、

「とりあえず、だまされたと思って、知覧に行くといいよ」

 と、鹿児島の知覧にある「知覧特攻平和会館」(鹿児島県南九州市)に行くことを勧めている。

 わたしが、初めてここを訪れたのは、もう20年くらい前になる。

 当時、知り合いのベンチャーの社長たちが、口々に、

「ぜったい、一度は知覧に行くべきだよ」

 と、わたしに教えてくれた。

 そのころは、会館には、ほとんど人がいなかった。

 静かな空間で、特攻に飛び立った人たちの手紙や遺品を見て、ガツンと頭を殴られた。

 特攻で死んで行った人たちは、ほとんどが20歳前後の若者たち。自分たちは死んでいくにもかかわらず、遺った人たちで、日本を復活させることを祈っていた。

 そんな手紙の山を見た時、涙が止まらなかった。

「わたし、いったい、何をしているんだろう」

「この人たちに恥ずかしくない生き方をしているだろうか」

 自分に問いかけた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい