阪神大震災で多くを失った女性経営者が、今伝えたいこと

大谷由里子dot.#ごきげんに生きよう
 年齢を経てますます大切なのは、毎日を機嫌よく過ごす力「ごきげん力」ではないでしょうか。

 人生いいこともあれば、悪いこともある。馬が合う人もいれば、合わない人もいる。でも、どんなときでも「ごきげん力」さえあれば、大丈夫。

 元吉本興業の名物マネージャーで、現在、「笑い」や「元気」などをテーマに年間300回ものセミナー・講演を行う大谷由里子(51歳)さんがお送りする「ごきげんに生きるために大切な習慣」。

 大人気イラストレーターの上大岡トメさんのコラボ4コマも同時連載中です!

*  *  *
 心理学を学ぶと、必ず出てくる言葉。

「受け止めた時から、模索が始まって、やる気が出てきます」

 人は、事件が起きた時、驚愕する。そして、その驚愕は、「怒り」や「悲しみ」に変わる。けれど、それらを受け止めた時から人の感情は変化していく。

 わたしの友人は、彼に二股をかけられた。彼を責めたら、彼は、別の女性を選んだ。

「別れよう」と、言われた。

「なんでわたしが捨てられるの」

 怒りと悲しみでいっぱいになった。

 どうしてもあきらめきれず、泣いてばかりいた。

 でも、彼が結婚すると知った時に、やっと受け止めた。

「わたし、捨てられたんだ」

「もう、元に戻ることはないんだ」

 その日から模索が始まった。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック