B-1グランプリ入賞で嫌がらせ… それでも前向きになれるのは信念のおかげ?

大谷由里子dot.#ごきげんに生きよう
 年齢を経てますます大切なのは、毎日を機嫌よく過ごす力「ごきげん力」ではないでしょうか。

 人生いいこともあれば、悪いこともある。馬が合う人もいれば、合わない人もいる。でも、どんなときでも「ごきげん力」さえあれば、大丈夫。

 元吉本興業の名物マネージャーで、現在、「笑い」や「元気」などをテーマに年間300回ものセミナー・講演を行う大谷由里子(51歳)さんがお送りする「ごきげんに生きるために大切な習慣」。

 大人気イラストレーターの上大岡トメさんのコラボ4コマも同時連載中です!

*  *  *
 地域活性をしているメンバーは、こちらがびっくりするくらいみんな元気。

 落ち込むようなことは、嫌というほどあるはずなのに……。

 少なくとも、わたしの周囲で地域活性をしているメンバーは、打たれても、打たれても、明るく前向きに生きている。

 もちろん、飲んだときには、文句のひとつも出てくることはある。

「なんで、僕たちが悪口を言われなければならないんだ」

「動かない人間に限って文句を言う」

「誰がそんな決まりを作ったんだ」

 などなど、話出したらキリがない。

 でも、話すだけ話すと、みんなケロッとして、次の日からまた前向きに行動している。

 そして、みんなごきげん。

 たとえば、B-1グランプリ(ご当地グルメでまちおこしをする祭典)で、入賞して、有名になった「津山ホルモンうどん研究会のメンバー」。

 もともと国体で津山(岡山県)を訪れた選手たちをもてなすためにホルモンうどんを思いついた。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック