体重38キロ…女性を超える美しさ「ジェンダーレス男子」を直撃!

dot.
こんどうようぢ1992年12月25日生まれ、身長170cm、体重50kg。2011年末に東京に上京。ニートを経て読者モデルとなる。現在は、モデル業のほかアーティストやデザイナーとしても活躍
拡大写真

こんどうようぢ1992年12月25日生まれ、...

 最近、巷で話題の「ジェンダーレス男子」をご存じだろうか。男らしさ、女らしさという壁を越えた美しさを持つ、まさに「ジェンダーレス」な男子のことを指す。華奢な体形で女性もの服を着こなしたり、端正な顔立ちにメイクをほどこしたり……と、女性もびっくりな美へのこだわりをみせる、彼らに迫った。

 今回直撃したのは、読者モデルとして人気に火がついた、ふたりのジェンダーレス男子。現在はモデルや音楽グループのリーダーとして活躍する、とまんさん(23)と、ニートからモデル、アーティストになった異色の経歴をもつこんどうようぢさん(21)だ。どちらも細身のスタイルと、女性のような整った顔立ちが特徴的だ。

――おふたりとも、インスタグラムやツイッターなどでオシャレな画像をアップされていますね。どのようなファッションが好きですか?

ようぢ:ビックサイズのアイテムとか、ショートパンツ、それと少し子供っぽい服装が好きです。靴下を集めるのが好きで、80足ぐらい持ってますね。

とまん:モノクロスタイルで、足元は厚底靴が定番です。

――おふたりとも、普段からご自分でもメイクをされているとのこと。愛用しているコスメやメイクアイテムはありますか?

ようぢ:『24hコスメ』のスティックファンデーション、『エチュードハウス』のプレシャスミネラル エニークッション ファンデです。

とまん:韓国ブランドの『スキンフード』、『エチュードハウス』を愛用しています。韓国のファッションも大好きです。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック