「後進に道を譲る」…ふっかちゃん、ゆるキャラGP“最後の戦い”

dot.#ゆるキャラ
 秋のイベントのひとつとして定着しつつある「ゆるキャラグランプリ」。今年はすでに8月からウェブでの投票は始まっており、9月23日の中間発表を経て、11月21日~23日に静岡県浜松市で決選投票が行われる。昨年は群馬県の「ぐんまちゃん」が優勝を飾ったが、今年の優勝候補の筆頭とされるのが、埼玉県は深谷市の「ふっかちゃん」。優勝に向けて背水の陣で挑むふっかちゃんに、グランプリにかける思いを聞いた。

*  *  *
――かわいらしい見た目でじわじわと人気を獲得しているふっかちゃんですが、アピールポイントはどんなところだと思いますか?

ふっかちゃん:しなやかで豪快な地元名産「深谷ねぎ」のツノと、胸についている市の花「チューリップ」の ボタンがやっぱりアピールしたいところかなぁ♪ あとは、まんまるのしっぽカワユスでしょぉ♪ あとはダンスとかかけっこが得意だよぉ♪

――最近では料理もできるようになったとか。動画では慎重で、時に大胆な包丁さばきを披露していますね。

ふっかちゃん:うん、最近になってできるようになったのぉ♪ タコさんウインナーづくりに挑戦したよぉ♪

――さて、今年もゆるきゃらグランプリの季節がやってきました。2011年は6位、12年は5位、13年は4位、昨年は2位と、着々と順位を上げてきています。どういったことが評価されて、順位が上がってきたと思いますか?

ふっかちゃん:やっぱり、いろんなところにい~っぱいお出かけして、たくさんの人とお友達になれたからじゃないかなぁ? まずはふっかちゃんの事、知ってもらわないと始まらないもんねぇ♪

――昨年は同じ関東で、上位を争っていたぐんまちゃんに惜しくも敗れました。敗因はどんなところだったと思いますか?

ふっかちゃん:アピールが足りなかったところかなぁ……

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック