野球選手が働く温泉旅館 NOMOベースボールクラブ見守る地元の思い

NOMOベースボールクラブ

2015/08/15 07:00

 2013年、堺市から兵庫県豊岡市に移転した、元大リーグ投手、野茂英雄さんが代表理事を務める「NOMOベースボールクラブ」。2013豊岡を移転先に選んだのは、「働けるところがあって、住むところがある」という理由も大きかったという。選手たちは日々の練習に取り組みながら、志賀直哉の短編小説「城の崎にて」の舞台であり、外湯巡りが有名な地元の城崎温泉の旅館で、アルバイトとして働く。

あわせて読みたい

  • 野茂英雄が設立した野球クラブ 移転先に城崎温泉を選んだ意外な理由

    野茂英雄が設立した野球クラブ 移転先に城崎温泉を選んだ意外な理由

    dot.

    7/11

    奮闘するNOMOベースボールクラブ 野茂英雄さんの思いは届くのか

    奮闘するNOMOベースボールクラブ 野茂英雄さんの思いは届くのか

    dot.

    8/22

  • 納得!? 野茂英雄さんが子どもたちに語った“投手の心構え”とは

    納得!? 野茂英雄さんが子どもたちに語った“投手の心構え”とは

    dot.

    1/23

    「将来はメジャーで」 野茂英雄さんだからこそできる支援とは?

    「将来はメジャーで」 野茂英雄さんだからこそできる支援とは?

    dot.

    11/7

  • 万城目学に湊かなえ… 本屋じゃ買えないベストセラー作家の小説って?

    万城目学に湊かなえ… 本屋じゃ買えないベストセラー作家の小説って?

    dot.

    4/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す