産後の女性を悩ませる「分娩後脱毛症」って?

「抜け毛が気になるようになった」「髪がパサつく」など、産後、髪のトラブルを自覚する人は多いようです。

「AERA with Baby 2015年8月号」で、女性専門頭髪外来の浜中聡子医師に、その原因や改善策について聞きました。

*  *  *
 本誌が5歳までの子どもを持つ母親300人を対象にとったアンケートでは、7割超の女性が「産後に抜け毛が気になる」と感じていることがわかりました。

「妊娠・出産を機に、髪の毛の状態が変化する人は多くいます。医学的には『分娩後脱毛症』と呼ばれ、ホルモンバランスの変化で引き起こされます」と、女性の頭髪に詳しい浜中聡子先生は解説します。

 髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、成長します。

 その活動を支えるのが、血液で運ばれる栄養と、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンです。

「このエストロゲンの分泌が低下すると、髪の毛が『細くなる』『乾燥する』『抜ける』などの症状を招きます。妊娠中はさかんに分泌され、分娩を機に激減するため、妊娠中に抜けずにとどまっていた髪の毛が産後いっせいに抜けるように感じるのです」

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック