なぜ、ハリル監督は「足が速くない」本田圭佑を右FWで起用するのか?

dot.
 本田圭佑といえば、中田英寿、中村俊輔の系譜につながるプレーメーカーだった。屈強なフィジカルを生かしたボールキープやドリブル突破で、2010年南アフリカW杯以降、日本の攻撃陣をリードしてきたのは周知の通り。しかしハリルホジッチ氏が監督に就任後は、これまで主戦場だった中盤ではなく、1つ前の右FWでの起用が続いている。

 本来「4-3-3システム」のサイドアタッカーは、豊富な運動量によるアップダウンとタテへの突進力が求められる。左サイドならドリブラーの宇佐美貴史か、スピードのある武藤嘉紀というのが典型的な例だ。では、なぜ、決して足の速くない本田をハリルホジッチ監督は「右FWのファーストチョイス」として選択しているのか。

 それはハリルホジッチ監督が採用する「タテへの速い攻め」と関連している。いくらタテに速くパスを出しても、レシーバーがしっかりキープできなければ2次攻撃、3次攻撃につながらない。ゴールに背を向けていようが、半身になろうがしっかりキープできる本田だからこそ、パサーも速くて強いパスを出すことができる。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック