行き詰ったときは、旅に出る その効果とは? (4/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

行き詰ったときは、旅に出る その効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷由里子dot.#ごきげんに生きよう
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 ここからは、完全に糸の切れた凧状態。塾の講師でバイト料を貯めては、旅に出る生活になった。

 塾のバイト仲間を誘って、車で奈良から北海道に行ったり、友達のお兄さんが「ロンドンにいる」と聞けば、友達に頼んでロンドンのお兄さんのところに友達と居候させてもらって、そこからヨーロッパを回ったり。

 旅をしていると、なんか自分が成長している気持ちになれた。

 結局、今でもその時のわたしがいるのかもしれない。

「自分って、小さいよなあ」

 と、思ったら、迷わず旅に出る。

「わたし、何も分かってないかも」

 そう感じたら、自分の目で見るために旅に出る。

「なんか、行き詰まっている」

 そんな時も、旅に出る。

 ありがたいことに一緒に旅してくれる気の合った仲間もいっぱいいる。

 めんどくさい時は、ひとりで旅に出る。

 ネットでホテルや旅する場所を検索しているだけでワクワクしてくる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい