「今日1日は、誰かが生きたかった1日かもしれない」ということ (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「今日1日は、誰かが生きたかった1日かもしれない」ということ

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷由里子dot.#ごきげんに生きよう
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 年齢を経てますます大切なのは、毎日を機嫌よく過ごす力「ごきげん力」ではないでしょうか。

 人生いいこともあれば、悪いこともある。馬が合う人もいれば、合わない人もいる。でも、どんなときでも「ごきげん力」さえあれば、大丈夫。

 元吉本興業の名物マネージャーで、現在、「笑い」や「元気」などをテーマに年間300回ものセミナー・講演を行う大谷由里子(51歳)さんがお送りする「ごきげんに生きるために大切な習慣」。

 大人気イラストレーターの上大岡トメさんのコラボ4コマも同時連載中です!

*  *  *
 寿命と健康は違う。

 わたしは、父も弟も医者。学生時代、父が開業した医院にいると、いろんな患者さんと知り合いになった。

 みんな、いろいろ話かけてくれる。若い日のこと、孫のこと、ふだんの生活のことなど話題は、様々だった。

 そして、「心臓が悪い」「足腰が弱くなった」と、体の話になって、

「もう、先も短いし……」

「そのうちお迎えが来るのよね」

 という話になる。

 ところが、そんな人にかぎって、なかなかお迎えは来なかった。

 まだまだ、90歳を過ぎても元気な人もたくさんいる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい