視聴率ではわからない…大島優子・まゆゆ・前田敦子の“女優力”

dot.#ドラマ
 AKB48の新旧エースが4月期の連続ドラマで主演を務めているが、プライムタイムで放送中の民放連ドラの初回で、ワースト1位・2位と残念な結果になっている。

 大島優子(26)主演の「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」(TBS系・16日スタート)の初回平均視聴率が9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、渡辺麻友(21)が稲森いずみとダブル主演を務める「戦う!書店ガール」(フジテレビ系・14日スタート)が6.2%、といずれも厳しい出だしとなった。

 特に「ヤメゴク」は今期民放ドラマで16.7%(同)を叩き出しトップとなった木村拓哉(42)の「アイムホーム」(テレビ朝日系)と同じ時間帯の放送とあって、何かと比較されている。

「大島は『紙の月』や『銭の戦争』などで着実に実力をつけ、『ヤメゴク』は満を持しての連ドラ主演です。しかも、あの堤幸彦監督が演出を手掛けるとあって、TBSとしてもかなり力を入れています。キムタクの“裏番組”扱いされていますが、それでも9.1%だったなら、むしろ健闘したといえます」

 こう話すのはテレビ誌記者だ。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック