小泉今日子にとって永瀬正敏は“憧れの人”だった? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小泉今日子にとって永瀬正敏は“憧れの人”だった?

このエントリーをはてなブックマークに追加
助川幸逸郎dot.#小泉今日子になる方法

アクターズ・ファイル 永瀬正敏

永瀬正敏著/キネマ旬報社編集

978-4873764276

amazonamazon.co.jp

 どうすれば小泉今日子のように、齢とともに魅力を増していけるのか―― その秘密を知ることは、現代を生きる私たちにとって大きな意味があるはず。

 日本文学研究者である助川幸逸郎氏が、現代社会における“小泉今日子”の存在を分析し、今の時代を生きる我々がいかにして“小泉今日子”的に生きるべきかを考察する。

*  *  *
 1993年、小泉今日子は雑誌「anan」で永瀬正敏と対談します。

 小泉今日子はこのとき、「永瀬さんが言ってた、ジョン・カサヴェテスの映画観ました」と話を切り出しています。カサヴェテスは、ハリウッドの大手プロダクションと提携せずに映画を撮る、独立系作家の旗手です。1989年に亡くなったことで再評価が始まり、この対談が行われた当時、世界中の「映画通」の注目を集めていました。

 こうしたカサヴェテス・ブームの、日本における担い手のひとりが川勝正幸です。川勝は「サブカル=おしゃれでちょっとマイナーなコンテンツ」全般にくわしく、小泉今日子のブレインでもありました。小泉今日子が「大人のアーティスト」に脱皮する過程で、彼の演じた役割は小さくありません(助川幸逸郎「バブル時代の小泉今日子は過剰に異常だったか(上)」dot.<ドット>朝日新聞出版 参照)。

 永瀬正敏は、1987年、ジム・ジャームッシュ監督の『ミステリー・トレイン』に主演しています。ジャームッシュは、カサヴェテスに続く世代の「独立系作家のエース」です。以後、いくつもの海外作品に出演した永瀬は、世界中の監督やプロデューサーと交流しています。

 1993年の小泉今日子は、川勝によって「通」の文化の世界に導かれつつありました。そういう彼女にとって、すでにひとかどの「国際映画人」である永瀬正敏は憧れだったはずです。小泉今日子の方からカサヴェテスの話を振ったのは、「その道の先達に仲間と認められたい」という願望の表れでしょう。「私ぐらいの年齢の人って、妙に好きですよ、永瀬さんのこと」と言ったりして、彼女はこの対談で、めずらしく舞いあがり気味です。

 小泉今日子と永瀬正敏の交際が始まったのは、それからまもなくでした。2年後の1995年に結婚。披露宴の類いはいっさいやらず、永瀬正敏が撮った二人のプライヴェート写真の展示会が記念に開かれただけでした。展示会の入場料は500円で、集まった金額はすべて、その年に起こった阪神大震災のチャリティーに寄付されました(注1)。

 永瀬正敏をパートナーに得たことで、小泉今日子の「映画人脈」は広がります。永瀬が車を運転し、ジム・ジャームッシュ、ジョニー・デップ、小泉今日子という4人組で、夜の東京を走ったりもしたようです(注2)。

 女優として演じる役柄にも、結婚した後に変化がありました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい