ラブラブ夫婦になれるかどうかは、パートナー選びの“理由”でわかる? 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラブラブ夫婦になれるかどうかは、パートナー選びの“理由”でわかる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#結婚

 11月22日は「いい夫婦の日」。「いい夫婦の日」をすすめる会は、「2014年度いい夫婦の日」アンケート調査(調査方法:インターネット調査、調査対象:全国の男女既婚者1000名)を実施、夫婦の実態に迫った。

 生まれ変わったとしたら、今のパートナーを選ぶか、との質問に対して、全体では「どちらともいえない」が38.8%で最も高かったが、「今の相手を選ぶ」は38.6%と、昨年実施した同様の調査(33.5%)と比べて5.1ポイントアップしたことがわかった。性別でみると、夫は「今の相手を選ぶ」(42.8%)が最も高いのに対し、妻は「どちらとも言えない」(38.4%)の割合が最も高くなっており、夫婦間で若干の違いが見られる結果となった。

 今のパートナーを選んだ理由を聞いたところ、1位が「性格」で54.2%、2位が「優しさ(思いやり)」で49.1%、3位が「フィーリング」で42.8%という結果に。

「生まれ変わったとしたら、今のパートナーを選ぶか」の回答と併せて見ると、【生まれ変わっても今の相手を選ぶ】と回答した人のパートナーを選んだ理由トップ3は全体と同じで、性格や優しさなど、人柄や中身で選んだことが伺えた。一方、【別の人を選ぶ】と回答した人で最も多かったパートナー選びの理由は「タイミング」(34.1%)となっており、まさに結婚の“タイミング”の難しさを考えさせられる結果となった。

 では、現時点での実際の夫婦仲はどうなのだろうか。

 夫婦円満だと思うかという質問に対して、全体では「とても円満」(27.4%)、「まあ円満」(51.4%)まで含めると78.8%が円満だと回答、「円満ではない」は7.9%に留まった。

 夫と妻の“円満度”を比較した場合、妻より夫のほうが3.2ポイント円満と感じている割合が高くなっている。さらに、性×年代別で“円満度”をみた場合、60代において最もその差は広がり、“円満度”は妻より夫が8.0ポイントも上回っていることがわかった。

 夫婦円満のために大切だと思うことのトップ3に選ばれたのは、「話をする・聞く」が46.7%で最も多く、次いで「言葉にして感謝を伝える」(41.4%)、「信頼する」(37.8%)だった。

 最初の質問で【今の相手を選ぶ】と答えた人の47.9%が「信頼する」ことが大切であると回答したのに対し、【どちらとも言えない】と答えた人では35.3%、【別の人を選ぶ】と答えた人では24.8%と、大きく差が出る結果となった。

 一方、「程よい距離感(干渉しすぎない)」を選んだのは、【別の人を選ぶ】と回答した人で35.8%、【どちらともいえない】と回答した人で39.2%と、ともに3番目に高い割合となっており、【今の相手を選ぶ】と回答した人の24.6%と比較すると10ポイント以上の差がついた。

 来世でも夫婦でありたいと考えている人にとって大切なのは「信頼」であり、そうでない人にとって大切なのは「程よい距離感」であるという結果に、考えさせられるものがあった。すでに「信頼」を失っていると自覚している人は、1位の「話をする・聞く」、2位の「言葉にして感謝を伝える」を積極的に実践してみてはいかがだろうか? それでも上手くいかないときは「程よい距離感」を保つのが賢明かもしれない……。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい