スマホ人気に陰り ガラケー復権なるか? (1/2) 〈ASAhIパソコン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スマホ人気に陰り ガラケー復権なるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年5月移動電話国内出荷実績の「スマートフォン比率(移動電話に占める比率)推移」(JEITAウェブサイトより)

2014年5月移動電話国内出荷実績の「スマートフォン比率(移動電話に占める比率)推移」(JEITAウェブサイトより)

 街中や電車の中などを見回せばスマートフォンだらけの昨今。今年3月末の総務省の調査によると、世帯普及率では54.7%となり、過半数を超えた。そんなスマートフォンだが、今年に入ってからの販売台数が低下してきているというデータも……。

 電子情報技術産業協会 (JEITA)の調査によると、今年5月の携帯電話の販売台数は158万台で、前年同月比93%となったが、スマートフォンは68.6%で、前年同期よりも3割以上の減少となった。この傾向は、今年に入ってから続いており、1月には前年同期比100.6%となったものの、2月は38.6%、4月は26.6%だった。また、iPhoneを中心にのりかえキャッシュバック商戦が過熱した3月でも83.8%に留まっている。

 一方、店では隅のほうに追いやられ、すっかり存在感が薄くなったとおもわれていた「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話の人気は、意外にも根強い。同調査によると、携帯電話の販売台数全体に占める従来型携帯電話の割合は、今年1月以降50%を超えており、特に、大手各社からスマートフォンの新機種の発売がなく、商戦が一段落した4月には91.8%に達していた。

 いったいなぜなのだろうか?


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい