一見ボール、だけどパソコン?! 〈ASAhIパソコン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一見ボール、だけどパソコン?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボールのようなデザインが可愛らしいZBOX OI520(写真:アスク提供)

ボールのようなデザインが可愛らしいZBOX OI520(写真:アスク提供)

背面から見ると、豊富な拡張端子が装備されている(写真:アスク提供)

背面から見ると、豊富な拡張端子が装備されている(写真:アスク提供)

 CPUにメモリー、ハードディスクなど、バラバラの部品を一から組み立てなくても、パソコンを自分で「作る」楽しさを味わえるベアボーンキット。場所を取らず、持ち運びしやすい小型の製品が次々と発売される中、インテリアとしても「有能」なボール型のベアボーン「ZBOX OI520」が、香港のZOTACから発売された。

 パソコンのベアボーンといえば、一般的に、ケースと電源、マザーボード(基盤)、CPU(中央演算処理装置)はあったりなかったりするが、これらを備えた「半製品化」されたもので、メモリー、ハードディスクを後付けし、OSをインストールすることで、パソコンとして使えるようになる。手軽に好みのパソコンを作れ、完成品を購入するよりも費用が掛からないことから、愛好者の間で人気となっている。

「ZBOX OI520」は、丸いデザインが魅力的なCPU搭載のベアボーンキット。大きさは15.4センチ×15.4センチ×16.1センチと手のひらよりも少し大きめ。重さは1.37キロと持ち運べなくもないサイズだ。日本では、パソコン関連機器販売のアスク(東京都千代田区)が取り扱っている。価格はオープン。

 CPUはUltrabookで採用されているインテルのCore i5-4200U。そのため、グラフィック機能は内蔵GPUのHD Graphics4400を利用する。2.5インチのHDDもしくはSSDをシリアルATA6Gb/sで接続可能。小型のパソコンを作る場合、内部が狭いため、熱がこもりがちなので、HDDよりかは発熱が低いとさるSSDを載せる傾向がみられる。この製品の場合はファンが付いていおり、エアフローも考慮され、電源もACアダプターで外付けなので、HDDを載せても心配はなさそうだ。また、DDR3L-1600 SO-DIMMに対応したメモリースロットを2基搭載し、最大で16GBまで拡張できる。

 インターフェース周りはUSB3.0対応の端子を4基、USB2.0用を2基そして、同時に出力が可能なHDMIとDP(ディスプレイポート)といった映像出力端子、カードリーダー、LANポートなどを装備。インターフェース類は全面の丸いデザインを生かすために背面に集約されている。さらにWi-Fi、Bluetooth4.0といった無線通信機能も内蔵しており、スペックだけ見るとまさにUltrabookそのもの。

 機能性とデザイン性が追求された「ZBOX OI520」。それなりの性能があるうえにサイズも小さめで、なおかつ人とは違ったデザインにもこだわりたいという人は要チェックの製品ではないだろうか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい