小学1年からのプログラミング教育 その方法と有効性は? 〈ASAHIパソコン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小学1年からのプログラミング教育 その方法と有効性は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見で実証研究について説明するディー・エヌ・エーの取締役で最高技術責任者の川崎氏(左端) (c)豊永和明

会見で実証研究について説明するディー・エヌ・エーの取締役で最高技術責任者の川崎氏(左端) (c)豊永和明

プログラミング教育の授業で使うソフトウエアの開発画面サンプル(写真:ディー・エヌ・エー提供)

プログラミング教育の授業で使うソフトウエアの開発画面サンプル(写真:ディー・エヌ・エー提供)

 佐賀県武雄市で、2014年10月から、小学1年生を対象にしたプログラミング教育の実証研究が始まる。プログラミングというと、プログラムを作動させるための言語を勉強し、打ち込んでいくという難しい印象だが、この研究では、子どもでも分かりやすく、楽しくプログラミングの概念を学べるという。果たしてどのような方法なのだろうか。

 武雄市が導入するのは、キーボードで打ち込むのではなく、タブレット端末を使い、視覚的な方法でゲームなどのソフトウエアをつくるプログラミング教育だという。インターネットソフト開発会社のディー・エヌ・エー(DeNA、本社・東京都渋谷区)ならびに東洋大学と共同で行い、2015年2月までの5カ月間にわたる授業を通して、「論理的思考力」や「構成などを考える想像力」、「空間や距離感を認識する力」を伸ばす観点から、児童にとってプログラミング教育が有効かどうかを調べる。

 研究では、DeNAが授業で使う専用ソフトウエアを開発し、東洋大学が授業の教育効果の分析を担当する。

 今回は、武雄市立山内西小学校の1年生40人を対象に授業が行われ、放課後に1回40分程度、全8回実施する予定としている。講師はDeNAの取締役で最高技術責任者の川崎修平氏が務める。教材にはテキストではなく、現在開発中のソフトを使う。このソフトでは、タブレット端末の画面に表示された「まんなかにいどう」「はんたいをむく」「やすむ」などの動作の順番やパターンをタッチ操作で、パズルのように組み合わせ、キャラクターを動かす、というようにプログラミングを体験出来るのだという。

 今回の取り組みは、東洋大学現代社会総合研究所・ICT(情報通信技術)教育研究プロジェクトに企業として参加していたDeNAが、ICTを活用した教育に力を入れている武雄市に呼びかけて実現した。

 武雄市は、2014年5月から、算数などの授業で、児童が教材をダウンロードしたタブレット端末を自宅に持ち帰って予習し、学校では意見発表や実験といった発展的な授業を行う「反転授業」を取り入れている。

 実証研究について、武雄市教育委員会の担当者は、「単なるプログラマーの養成という視点ではなく、ITに対してアレルギーのない児童の育成が出来るのではないかと期待している。ものづくりを通して、筋道を立てて考える力や先を見通す力、試行錯誤しながら目標を達成する力を身につけてほしい」と話す。

 DeNAの広報担当者も「今回の研究は社会貢献活動の一つ。プログラミングに親しんでテレビやゲームの仕組みを理解し、最終的に国際競争力の強化につながればいい」と期待している。

 2014年12月に研究の中間報告、2015年3月には二次報告が行われる予定だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい